Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

バンダイ SH フィギュアアーツ モロボシ・ダン 

ダン①
バンダイ SH フィギュアアーツより、
待望のモロボシ・ダンが発売されました。

ダン②
こう言うアイテム、早く欲しかった~♪
特撮作品も、人間ドラマから始まりますので、
ネタ導入部に欠かせぬアイテムです^^

今回も細かいパーツが多いので、
ウルトラアイやウルトラガンなど、
破損や紛失に気をつけましょう!

ダン③
試作品の画像では、もっとキツい顔をしてた印象でしたが、
幾分、柔和な表情になり、凛々しいダン隊員の特徴がよく出ております。

このシリーズで、一番気に入っております。
ハヤタ隊員も欲しいなぁ~

ダン④
シリーズの製作に当たり、
人間工学に基づいた細かい研究をなされているだけあって、
シルエットは、正に”人体”そのもの!

アンヌ隊員も欲しくなりますね^^
最終回の名シーンを再現したくなります。

ダン⑤
後姿は、誰が見てもモロボシ・ダン!
振り返ってもフルハシな訳がありません。

ダン⑥
袖口のパーツ変更で、ビデオシーバーの蓋が開いた状態に出来ます。
ナイスなアイディア!

「こちら、ダンっ!」

ダン⑦
ウルトラガンもシャープに出来てますが、
ガン持ち手に嵌める際、破損に気をつけましょう。

ダン⑧
頭部の差し替えで、ヘルメット装着状態に変更。
これぞ、任務中のウルトラ警備隊員っ!

ダン⑨
小スケールながら、ヘルメットの出来も素晴らしいです。

ダン⑩
ちゃんと、バイザーが下ろせます。
空間Xで、グモンガに遭遇しても大丈夫っ!^^

ダン⑪
ウルトラアイは、単品と手首に持った状態のものがあります。

ダン⑫
ジュワッ!

当時、唇を振動させて変身時の効果音を上手に真似する
友達がいたのを思い出しました(笑)

ダン⑬
パトロールから帰還し、ヘルメットを小脇に抱えた隊員が、
ホント、カッコよかったなぁ~…

ダン⑭
おっと、ヘルメットの持ち方を間違えないないように!(笑)
生首持ってるみたいになっちゃいます…

ギャ~っ!スプラッタ~!ブロッケン伯爵っ!

ダン⑮
キリヤマ「毎月、毎月、オッサン相手に
     高価なおもちゃを売りつける爺さんがいるらしい…
     おもちゃメーカーの回し者かも知れないぞ…、すぐ、現場に向ってくれ!」
ダン  「了解っ、直ちに出動しますっ!」

ダン⑯
ダン   「お前が、おもちゃじいさんの正体か?覚悟しろっ!」
チブル星人「いいのか~ワシを殺しても?新しい情報はいらんのかな~?」
ダン   「何だとっ?」
チブル星人「ザラブ星人…ガッツ星人…ほれほれ…地獄大使も出るぞ~
      どうだぁ…欲しいだろう~?」
ダン   (クソッ、全部欲しいなぁ…)
チブル星人「わっはっは、持ちつ持たれつだよ…また良い情報を教えてやるよ」

ダン⑰
ダン   「ダン、ただいま帰還しましたっ!特に異常ありませんでしたっ!」
キリヤマ 「そうか…御苦労だが、今度は、北川町に向ってくれっ!
      いい歳をしたオッサンたちが、”限定”とか”プレミアム”とか
      口々に呟きながら、街中を徘徊しているらしいぞっ!」
ダン   「了解っ!原因を突き止めて来ますっ!」

ダン⑱
メトロン星人「やあ、ウルトラセブン...元気でやっとるかね?
       もう、キミとは50年の付き合いになるねえ…」
ダン    「メトロン星人、お前は またしても人間を凶暴化するタバコを…」
メトロン星人「いやいや...最近は禁煙運動のせいで、そっちの商売はやり難くてね…
       まあ、一杯やろうじゃないか…お~い、チブルく~んっ!」

ダン⑲
と、言う訳で…

メトロン星人「こりゃこりゃ…」
ダン    「お前、いったい…俺たちに何を飲ませたんだ?
チブル星人 「なぁに…大したもんじゃないよ…
       ちょいと一杯飲むだけで、
       とってもノスタルジックな気分になって、
       無性に、バ○ダイのおもちゃが買いたくなるだけのことさ…
       ほ~れ、お前も効いてきただろう?
       来月も再来月も…色々出るぞ~」
ダン    「なにぃ…スターウォーズに…ヤマトに…仮面ライダー…、
       うぅっ!全部…欲しい…」

               ※※※

キリヤマ  「おい、ダンっ!一体どうしたんだっ?応答せよっ!」
ダン    「欲しい~あれも欲しい~もっともっと欲しい~」

               ※※※

キリヤマ  「どうやら我々の手には負えないようだ…マーブルさん、お願いします!」

マーブルの”げんこつミサイル”が発射され、
チブル星人を操っていたエルドラドに命中っ!
北川町に平和が戻ったのであった…。

エルドラド
(代理更新・マーブル)

追伸

ちゃぶ台に足を乗せちゃいけませんっ!! 
良い子は、真似しちゃダメですよ~っ (by.マーブル)


[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

ピットロード 1/24 サニー1200GX-5/GX(1972) 

サニー1200①
今回は、以前ピットロードより発売されておりました、
ダイキャストミニカー、
1/24 サニー1200GX-5/GX(1972)の御紹介です。
発売当初の定価は、1万円ぐらいした高額なアイテムで、
手を出せずにおりましたが、たまたま専門店のお正月セールで、
7割引きのワゴン売りしていたものを手に入れた次第です。

購入したモデルは、箱絵と同じホワイトボディーでしたが、
他に、グリーン、オレンジ、レーシングタイプがありました。

サニー1200②
ボディーの仕上がりは、とても丁寧で、完成度が高い製品です。
(ナンバープレート、車検、点検表は、プラモから流用したものです)

サニー1200③
リアフェンダー前に装着されたエアアウトレットがカッコイイっ!
リアサスは、裏からネジで締めることが出来るので、
ネガティブキャンバーが再現出来ますが、
締め過ぎると、ハの字シャコタンになっちゃいます(笑)

サニー1200④
ボンネット、トランク、ドアは、もちろん開閉式。
エンジンも、細部まで忠実に再現されております。

サニー1200⑤
ステアリングは、タイロッドと連動。
スパルタンなインパネ、革巻きステアリングも雰囲気が出てます。

サニー1200⑥
実車のカタログより。

サニー1200⑦
オプションのフォグランプが、シビれます^^
クロスカントリーラリーの出場車には、みんなこれが付いてました。

サニー1200⑧
この車は、当時の峠の走り屋のイメージが強いので、
ライティングで遊びたくなりました^^

そこで、今回 使用したものが、このユニット。
(アオシマ製、超小型LED点灯キット)

フレキシブル基盤にLEDのチップが装着されたユニットですので、
狭い場所に効果を発揮する優れものアイテムでしたが、
残念ながら現在絶版中です。
また再販して欲しいアイテムです。

サニー1200⑨
LRボタン電池を2個使用で、
後部トランクにスッポリ収まります。
スイッチは、裏のオイルパンに穴を開けて設定。

サニー1200⑩
点灯、成功っ!
LEDチップは、場所を取らないので重宝します。
中々、よく光っております。

サニー1200⑪
テールランプは、クリアレッドを塗ってから装着。
いい雰囲気が出てます。

サニー1200⑫
機会があれば、屋外撮影とか試したくなるアイテムです。

・・・
・・


【追記】

尚、画像の車のナンバーが、”品川59”なのは、
10年落ちの中古車と言う設定なのでしょうかと、
御指摘を頂きましたが、まさにその通りですっ!^^

このミニカーを改造したのは一昨年なんですが、
当初、1984年頃(エルドラドの青年時代)を舞台にした
シリーズもののストーリーに登場する予定で、用意したものでしたが、
いくつか新しいセットを作るのが困難なので、
設定を変更して練り直す予定です。

細かいところまで御覧頂いているが故の、大変嬉しい御指摘でした^^
(やっぱり、最初の計画のまんまでやろっかな~♪)

あと、記事へのコメントですが、拍手からではなく
記事のcommentに頂けると、私が直接御返事出来ます。

エルドラド
(代理更新・マーブル)


[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

国産名車 1/24 トヨタ スプリンタートレノ1600(1972) 

20171020daytrueno1.jpg
エルドラドの記事ではなくて、ごめんなさい。
恒例でしたら、エルドラドが紹介するはずなのですけれど、
今回は、マーブルがします…えっ? (きゃ~、む、無謀~~っ)

なぜ、今回、そうなったかと言いますと、
いつも密林で購入していたのですけれど、今回、入手ができず、
マーブルが地元の書店にて、たまたま見つけて、購入したのです。

サッとエルドラドに送れば良かったのですが、今も手元にあったりします。
とりあえず、撮影をしてみましたが、車のお話については、
出来ませんので、ご了承下さい。

20171020daytrueno10.jpg
毎回、このシリーズをマーブルが予約をするものの、実際に手に取ったのは
初めてでした。
エルドラドから、ドアを抑えている透明バンドは、油っぽいと聞いてましたが、
そんなことは、マーブルは全くと気にも止めず、ぷちっと引きちぎり…おいおいっ。
それと、ミニカーを台座から外すには、三角ドライバーが必要なので、
台座を付けたままで、自然光にての撮影です。

20171020daytrueno23.jpg
マーブルにとって、トレノと言えば、このマシンではなくて、
頭文字Dのパンダカラーです。
もし、頭文字Dを知らなかったら、トレノという車もわかんなかったと思います。
エルドラドから、車の名前を聞いても、5分後にはすっかり忘れてしまうマーブル。
でも、頭文字Dに登場するマシンなら、キャラクターと連動して、
しっかり覚えたりします。 特に、Hondaのマシン

話がそれちゃいましたが、このトレノについては、馴染みがないのです。

20171020daytrueno2.jpg
いつもエルドラドが撮影しているようにフロントから…、こんにちは、トレノ。

20171020daytrueno13.jpg
この時点で、間違いなく、ミニカーには、マーブルの指紋がペタペタとつきまくり…。
あんまり触られたくないかな~でも、そこは、そのようなことで
「ダメっ」なんて言わないエルドラドさん。
むしろ、もっと見ればいいって、言ってくれますよ~、はい。

20171020daytrueno26.jpg
ドアは、開け難いから、気を付けるように…と言われてましたが、そこはマーブル、
台座を持ち、トレノを振ってみると、ドアが少し開いたので、そこを爪で
グイっと開けちゃいました。

20171020daytrueno6.jpg
しかも、両ドアとも(笑)
どうやって開けたのかとエルドラドに聞かれ、¨横に振ったら開いた~と話したら、
「その程度で開くドアじゃないって…」 
だって~、開いたんだもん。
振ったって言っても、そんなブンブン振り回したわけじゃないですよ。

20171020daytrueno3.jpg
ドアを開けたついでに、中をちょっと撮影してみました。

20171020daytrueno5.jpg
見ていたら、ちっこいフイギュアを乗せたくなっちゃいました。
何かなぁい? エルドラドさん。
¨いつものを使えばいいだろう…¨と、いつもの? あっ、そうだそうだ。

toreno0--6.jpg
「ドンチャン、ノッテミタイノ?」
「プゥッ」《うん》

toreno0--7.jpg
「ナビシートデガマンシテネ、ステアニ、アタマヲブツケチャウト、イタイカラ…ドーゾ」
「プゥッ、ププププ」《うん、ありがと》

toreno0--8.jpg
「プップップー
しばらくナビシートでご機嫌なドンちゃんでした。

20171020daytrueno14.jpg
ミニカーの撮影って、む、難しい…。

20171020daytrueno22.jpg
もう100枚近く撮影しちゃいました。
エルドラドに話したら、台座をつけたままでどうやったら、
そんなに撮影できるのかと不思議がってました(笑)

20171020daytrueno19.jpg
とりあえず撮影するだけして、あとから厳選…ってする程でもないのですけど。

toreno0--9.jpg
当初、20枚近く選んだ画像があったのですが、どれも似たり寄ったりで、
結局、かなり減らしました。
車のお話が出来ない分、画像で勝負…これも撃沈でした(笑)

toreno0--1.jpg
マーブルが飾るとしたら、こうやっているかと思います。

はい、やっとご紹介が出来ましたので、マーブルの指紋がたくさん付いたトレノ、
近いうちにエルドラドに送っちゃいます。
ミニカー、ふきふきしてやってくださいませ。

20171020daytrueno12.jpg
次回は、マツダ R360クーペ(1960)です。

誰かさんも、これ、好きそうです…。

エルドラドがこのシリーズにハマっているのは、このスケールで、
初めてモデル化された車種も多いそうです。
今後のラインナップは、ホームページに掲載されています。

マーブル

[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

WELLY 1/24 アメリカンマッスルカー 

アメリカンマッスルカー①
最近、WELLY社の1/24ダイキャストミニカーにハマっておりまして、
今回は、アメリカンマッスルカーを2台、購入しました。
1968年型シボレーカマロZ28と、同じくシボレーの
1972年型ポンティアック・ファイヤーバード・トランザムです。

アメリカンマッスルカー②
両車とも、プロポーションは抜群です。

アメリカンマッスルカー③
ストライプの塗り分け部分も、
この時代のマシン独特の特徴をよく捉えております。

アメリカンマッスルカー④
エンジンの出来は、カマロの方が繊細な出来です。

アメリカンマッスルカー⑤
裏面画像だけでは判りませんが、トランザムの方は、
ステアリング機構が付いており、ハンドルと連動します。

アメリカンマッスルカー⑥
2台並べると迫力あります。
この時代の車は、リッター何キロ走るのやら?(笑)

アメリカンマッスルカー⑦
ドアの開き方も、トランザムの方が一枚上で、
内側ヒンジになっております。

両車とも一長一短な出来ですが、
リーズナブルなアイテムですので、
コレクションし易いシリーズです。

エルドラド
(代理更新・マーブル)


[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

国産名車 1/24 日産 セドリック 1900カスタム(1961) 

セドリック1900①
1/24国産名車シリーズより、楽しみにしておりました、
日産セドリック1900カスタムが、届きました。

セドリック1900②
今回は、濃紺ボディーにアイボリーのルーフ。
アメ車の影響を受けたデザインと塗装から、
当時の流行を思い起こさせます。

セドリック1900③
今回も第一関門、”脂っこい透明バンド”の具合は…。
(やや、ルーフ部分に跡が残りました…)

セドリック1900④
特徴的な、初代のタテ目ヘッドライトや、
ラップラウンドタイプのフロントガラスなどから、
高級車市場に仲間入りした日産の心意気が伝わって来ます。

セドリック1900⑤
子供の頃、このセドリックのブリキのおもちゃを持ってましたので、
久しぶりに、大きなスケールのセドリックを手にし、
懐かしい気分になりました。

三共から出てた、「特別機動捜査隊」仕様のキットは、
マイナーチェンジ後の横目になったタイプでしたね。

セドリック1900⑥
テールランプもタテ型。
荷物の出し入れが容易な、大型トランク。

セドリック1900⑦
さてさて…
第二関門、ドアの開き具合…奇麗に開け閉め出来てよかった~♪
ドアがぴったりし過ぎで、開け難いぐらいでした。

ベンチシートにコラムシフトは、この時代の車の定番。

セドリック1900⑧
当時のカタログより…。

セドリック1900⑨
金ピカのフロントグリル。

セドリック1900⑩
昔のカタログは、イラストのセンスが良いですね。

セドリック1900⑪
これも懐かしい、エステートワゴン。
両サイドを木目調にして、
カントリーワゴンにしてたのを見たことあります(お洒落~)。

セドリック1900⑫
定員8人で、子供が一番後ろで逆向きに座ってます^^
シートベルトの義務のなかった良い時代でした。

セドリック1900⑬
セドリックのイメージキャラクターは、
「ノンちゃん雲に乗る」で大人気の美少女スターだった、
鰐淵晴子さんでした。

セドリック1900⑭
次回は、トヨタ スプリンター トレノ1600だそうです。
トレノと言っても、豆腐屋さんでお馴染みのハチロクではなく、
TE27型、”走りのトレノ”ですね^^
純正のオーバーフェンダーが懐かしいです。

エルドラド
(代理更新・マーブル)


[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。