Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

ホンダS600 

ホンダS600①
アシェットの国産名車コレクション、
1/24シリーズも、中々充実したラインナップになって参りました。
第21号は、ホンダS600です。

ホンダS600②
プラモなどでは、オープントップモデルが、発売されてましたが、
今回は、クーペをモデル化したところが素晴らしいっ!

オータキの1/12版プラモで、出てたことがありましたが、
今や絶版キットです。

ホンダS600③
プロポーション抜群っ!
レッドカラーのモデル化が多い中、
ホワイトボディは、質素な印象を受けます。

ホンダS600④
ラジエーターグリル回りも奇麗に再現されております。
エッチングパーツの接着も、初期に比べて上手に接着されてます。

ホンダS600⑤
イギリスの軽量スポーツカーを彷彿とさせるスタイリング。
さすがは、世界のホンダ!

ホンダS600⑥
S600の特徴、丸いテールランプがシブいです。

ホンダS600⑦
このシリーズ、唯一緊張する瞬間が、
左右ドアの立て付け具合を確かめるとき...なんですが、
ここ3号ほどは、ズレもなくしっかり留めてあり、満足であります。

ホンダS600⑧
この車を見て、思い出すのは、
「がむしゃら1500キロ」でお馴染み、
カーレーサー浮谷東次郎氏の愛車、通称”カラス”でした。
懐かしいなぁ~

ホンダS600⑨
同スケールのホンダS2000と並べてみたところ。
やはり、S600はコンパクトで可愛く見えます。

ホンダS600⑩
次回は、待ってました!
これが欲しかった「トヨタクラウン」!
このスケールで模型化されるのは、
昔のマルサン(正確には1/25)や、
ニチモ(こちらも1/22ぐらい?)の組立キット以来!

エルドラド
(代理更新・マーブル)

[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

Welly社 トラバント&911ターボ 

トラビ911①
香港のWelly(ウィリー)社から発売されている
1/24シリーズのミニカーは、中々良く出来ており
特にドア、エンジンフード開閉、ステアリングが可動等
豊富なギミックも個人的に好きなメーカーです。
ただ、市場での数が少なく手に入りにくかったアイテムでした。

今回は、マーブルさんが一生懸命探してくれた結果、
ようやく手に入ったアイテムの御紹介です。

一台目は、東西ドイツが統合した時に話題になった、
東ドイツを代表する名車トラバント(愛称トラビ)です。

トラビ911②
この車を極限までシンプル化したようなデザインの外観!

トラビ911③
パブリカとか思い出して、本物が欲しいと思ったこともありましたが、
日本の道路交通法には合わない部分満載で、
残念ながら、お目に掛かることは叶いませんでした。

トラビ911④
ドアとエンジンフードが、スムーズに開閉します。

トラビ911⑤
ドアの開き方も、内側ヒンジになってるところがグッド!

トラビ911⑥
もう一台は、スーパーカー世代の大スター!
ポルシェ911ターボです。
昔は、これを930ターボって呼んでましたが、
車種名が、911なんですね。
1974年から1989年に製造された911ターボを
”930”と呼んでいたそうです。

トラビ911⑦
そうそう!
最初に書き忘れましたが、輸入元が京商ですので、それだけで信頼度が高いです。

トラビ911⑧
ドイツ車は、シルバーカラーが似合います。

トラビ911⑨
塗装の不具合もなく、美しく仕上がっております。

トラビ911⑩
各パーツの可動具合も問題なし。

トラビ911⑪
簡略化されたエンジンブロック、ダッシュボード回りの再現も
このサイズでは及第点。

トラビ911⑫
手持ちのブラーゴ製356と並べて撮影してみましたが、
ブラーゴ製の356、残念ながらスケールが1/24より大きいので、
手前に置いて誤魔化しております(笑)
(1/20に近いかも?)

トラビ911⑬
「サーキットの狼」に夢中だった世代には、
やっぱりこの2台が大好物ですね^^
エブロの73カレラ!名車中の名車です。

トラビ911⑭
最後にトラビ(東独)と911ターボ(西独)を並べて...。

ベルリンの壁が崩壊した当時、実際にトラバントで西側を訪れた
旧東ドイツ市民は、強烈なカルチャーショックを受けたそうで、
これからも戦争によって、分断されたり壁が出来たりしない世の中になるよう、
世界中が努力してくれることを願いつつ、
今日もおもちゃで遊ぶオッサンでした...。

エルドラド
(代理更新・マーブル)

[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

スーパーロボット・キングジョー 

キンジョー①
ついに登場っ!
バンダイSHフィギュアーツより、
スーパーロボット・キングジョーが発売されました!

キンジョー②
さすが、モビルスーツのキットで培われた
バンダイ独自の驚異の可動技術っ!

キンジョー③
抜群のプロポーションっ!
胸部や頭部の発光部位もクリアパーツや塗装で忠実再現。

キンジョー④
食玩ウルトラマンVS(バーサス)のキングジョーと、大きさを比較。
食玩版もよく出来てます^^

キンジョー⑤
劇中のポージングも自由自在。
肘や膝の関節処理もさすがのお家芸です。

キンジョー⑥
いよいよ、セブンとの対決シーンが再現出来ます。
「よっ、千両役者っ!」(笑)

キンジョー⑦
セブンのスーツアクターは、唯一「帰りマン」のきくち英一氏が演じてたんですね。

キンジョー⑧
キングジョーは、とにかく強いっ!
セブンの超兵器も通用しないのでした。

キンジョー⑨
2週に渡ってセブンを苦しめたスーパーロボット!

キンジョー⑩
どうしても、セブン劣勢の構図になってしまいます。

キンジョー⑪
とうとうセブンを下敷きにし、振りかぶったところで
次週のお楽しみと言う手に汗握る演出で、
全国の子供の心を鷲づかみ!

キンジョー⑫
放送当時、たまたま父の実家がある神戸に出かけてた時でして、
六甲山をバックにポートタワーに立ちはだかる
スーパーロボットを想像しながら、神戸港を眺めていた記憶があります。

あの日の自分に、このキングジョーを見せたら、
さぞかし出来映えに驚き、欲しがるだろうなぁと思いながら遊んでおります。

キンジョー⑬
なんとっ!
「ウルトラ新聞」なる号外広告が同梱されてまして、
「おおっ!ダダも出るのか~...」
3面とミクロ化光線銃も付属するそうです。

エルドラド

(代理更新・マーブル)


[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

日野コンテッサ1300 クーペ 

201761dayhino1.jpg
日野コンテッサクーペ(1965)

アシェットの1/24国産名車シリーズ、
第20号は、ついに登場! 日野コンテッサ1300クーペ。

201761dayhino2.jpg
現在は、トラックメーカーとして自動車産業を支える日野自動車ですが、
かつては、ルノーの国内生産やモータースポーツへの関わり等、
乗用車部門でも一時代を築いた老舗ブランドです。

日野自動車が、ルノー4CVの国内生産で培った技術と
イタリアの天才デザイナーミケロッティの斬新な発想によって
生まれたのが、日野コンテッサです。

201761dayhino3.jpg
今まで、このサイズの模型には恵まれなかった車種ですので、
発売されたことだけでも、歓喜して迎え入れたいアイテムです。
今回 モデル化されたのは、2ドアクーペタイプですが、
4ドアセダンも欲しいところ。

例によって、ドアの閉まり具合に若干の問題はありますが、
メタリックレッドに輝く優雅で美しいボディラインは、
正にコンテッサ(伯爵夫人)そのもの!

201761dayhino4.jpg
今後も、このシリーズから目が離せません^^

・・・
・・


ルノー①
エルドラドの1/43ルノー4CVコレクションより。
右が日野ルノーです。

ルノー②
リアウインドウの大型化されているのが、日野製の特徴。

ルノー③
その他、レーシング仕様等。
勝手にシャコタン化したり、タイヤを交換したりしちゃいました~

エルドラド

(代理更新・マーブル)

・・・
・・


追伸
S.H.フィギュアーツ から、モロボシ・ダンが10月に発売される予定です。
既に、予約が5月29日(月)が始まっております。

ダン①
S.H.フィギュアーツ モロボシ・ダン

ダン②

S.H.フィギュアーツ から、モロボシ・ダン
発売日 17年10月未定
ブランド BANDAI(バンダイ)
商品シリーズ名 S.H.フィギュアーツ
原作名
ウルトラセブン『ウルトラマン』シリーズ
キャラクター名 モロボシ・ダン

製品仕様
サイズ 全高:約150mm
セット内容
本体
交換用手首左2種右3種
ウルトラ警備隊ヘルメット
ウルトラアイ
ウルトラガン
ビデオシーバー交換パーツ

詳細
ウルトラセブンに変身するモロボシ・ダンを魂のデジタル彩色を用いて
S.H.Figuarts化。ウルトラセブンに変身する際に用いるウルトラアイが付属。
さらにウルトラ警備隊が常に装備しているウルトラガンも付属。
『ウルトラセブン』放送開始50年に相応しい至高の一品。


[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

メトロンと子供の日とマーブルと… 

201755daymeto02-03.jpg
「子供の日に、私をおねだりした子はいるかな?」

・・・
・・


当時、ダイレクトで「ウルトラセブン」を見ていたお子様だった方は、
今では、お孫さんがおられるご年齢になられ、今度は、おねだりされる側に
なっているのではないでしょうか…。

マーブルの傍にも、おっきくなっても、セブンが大好きでいろいろと購入している
大人が一人いますけど(笑) 今回も、マーブルが随分前から予約をしていて、
エルドラドから、発売当日におうちに届いた連絡があり、すっかり忘れておりました。
だって、マーブルのアイテムじゃないんですもんっ。

それはさておき…もうとっくに子供の日は過ぎちゃいましたが…
またまたマーブルがエルドラドの代わりに、ご紹介しちゃいます~。
相変わらず、エルドラドのパソコンの調子がよろしくないのですけど、
画像は、すべてエルドラトが撮影したものです。

201755daymeto02.jpg
『ウルトラセブン』第8話「狙われた街」に登場した「メトロン星人」が
S.H.Figuartsになって登場。

BANDAI(バンダイ)
商品シリーズ名 S.H.フィギュアーツ 『ウルトラマン』シリーズ メトロン星人
サイズ 全高:約170mm 
セット内容 メトロン星人本体 ちゃぶ台
世界観再現用パーツ一式

201755daymeto01.jpg
当時のスーツをイメージした左右非対称の造形で立体化。
頭部はクリア成型に彩色することで、発光部のイメージを表現。
さらに劇中を思い起こさせる「ちゃぶ台」に加え、胡座を取らせることが可能です。
パッケージに表示してある「超可動」この言葉通り、手足の可動、
各部位がスムーズに動き、さすがにガンプラのバンダイです。

201755daymeto03.jpg
短いアンヨが上手く劇中通りに再現してあり、
頭部パーツは、クリアパーツに塗装されている表現がとてもいいと
エルドラトが絶賛しまくりでした。

マーブルは、劇中に登場するメトロンさんのお顔の縁がテラテラと光る様を見て、
この光方は…クラゲを思い出してしまいました。
いえ、愛嬌のあるお顔で、憎めませんね。

201755daymeto04.jpg
後ろから見た姿もパッチリだそうですけど…
えっと、メトロンさんって…いかさん? たこさん? なぜに吸盤?  

201755daymeto07.jpg
以前、発売されたS.H.フィギュアーツ・セブンさんとの対比ですが、
メトロンさん、頭が大きいので、パッと見ると大きく見えますけど、
エルドラドさんに言わせると、これで良いそうです。

201755daymeto02-02.jpg
「セブン、これから50年後、どうなっているだろうか…
 私たち星人とも、みんな仲良く過ごしている世界になっているといいな」
「そしたら、ウルトラの活躍はないかもしれないね…
 すべての枠を超えて、みんな平和で過ごしているのだから」

超可動がとってもわかりやすいシーンでしょう?

201755daymeto06.jpg
「な、仲良くって…こ、こんな感じか? セブン?」
「う、うん…だ、大丈夫…」
ボソボソ…ひそひそ…

S.H.フィギュアーツから、この後、「キングジョー」「ゴモラ」も登場します。
これもしっかり予約済みでございます…。
キングジョーに至っては、エルドラトさんがもの凄く「イチ押し」で
発売を知った時、テンションが上がっておりました。

ゴモラは、尻尾の関係なのか、他のシリーズよりも、ちょっとお高めです。
しかーし、マーブルは、「尻尾系」の怪獣さんは好きなので、良しとします(笑)
いい奥様でしょ~(押しつけがましいマーブル)

もし、もしです、「エレキング」「シーボーズ」が発売されるってことになったら、
これは、マーブルが即Get!!しちゃうんですけど(笑)
でも、エレキングのしっぽ…ゴモラ以上に長いので、価格が心配~。

そんなこんなで、エルドラド&マーブルの「子供の日」でした。

マーブル

・・・
・・


追伸
S.H.フィギュアーツ から、ウルトラマン(Aタイプ)が9月に発売される予定です。
既に、予約が4月28日が始まっており、これもおっきなお子様が欲しいと言ってたので、
マーブルが予約して、既に代金も支払い済みで、後は届くのを待つだけという…
ねぇ、エルドラトさん。

S.H.フィギュアーツ から、ウルトラマン(Aタイプ)
発売日 17年09月未定
ブランド BANDAI(バンダイ)
商品シリーズ名 S.H.フィギュアーツ
原作名 ウルトラマン
『ウルトラマン』シリーズ キャラクター名 ウルトラマン

製品仕様
サイズ 全高:約150mm
セット内容
・本体
・交換用手首左右各4種
・交換用カラータイマー
・スペシウム光線エフェクト

詳細
『ウルトラマン』第1話~第13話までの初期に使用されたマスク、スーツのタイプである通称
「ウルトラマン(Aタイプ)」を新規造形で立体化。
左右非対称の造形はもちろん、表面の質感をイメージした彩色により
ウルトラマン(Aタイプ)が蘇る。

・左右非対称の造形
・質感を生み出すマスクの皺
・特有のプロポーション
・独特のカラーリング
・ウルトラマン(Aタイプ)特有のマスク造形をイメージし再現。
 プロポーションを崩さす様々なポージングが可能。
・Aタイプが放つ青味のあるスペシウム光線エフェクトも付属。


[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△