Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

仁義の墓場 

久々に渡哲也の「仁義の墓場」を観ました。やっぱりいいなぁ~
深作欣二監督の実録路線っ!

※実録シリーズ(じつろく-)は映画、オリジナルビデオの一種で、
ヤクザ映画の中でも実話を基に製作されたものをいう。(ウィキペディアより)


仁義の墓場DVD


昭和50年に製作された作品で、「仁義なき~」シリーズで大成功した実録路線の新作として
渡哲也の東映作品初主演作としても話題になりました。
ヤクザ社会では憲法とされる”仁義””任侠”に背を向けた伝説のアウトローとして
実在した人物の生涯を描いたバイオレンス映画。

公開当時はそれほど流行らなかったものの、
前年に大河ドラマ「勝海舟」を病気の為、途中降板した渡の復帰作でもあり、
病み上がり状態で演じた破滅型主人公の狂気的な迫力が印象に残り、
深夜映画の上映館などの上映を機に再評価されました。

途中、空中を漂う風船をボ~っと見つめる薬物中毒の主人公の虚ろな目が
自分の人生の行く末を暗示しているようで、なんとも切ない名シーンなんですね・・・

このあと製作された「やくざの墓場 くちなしの花」もよかったなぁ~
この作品で渡は、TVドラマ「大都会」より先に”黒岩刑事”を名乗るんでした・・・

尚、「仁義の墓場」は 近年、岸谷五朗主演で「新・仁義の墓場」として
時代を現代に再設定し、三池崇史監督が撮りましたが、う~ん・・・ちょいとヌルいかな?
三池監督は「ヤッターマン」撮っててください(笑)


新・仁義の墓場


エルドラド

[edit]

エンターテインメント  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« 仁義の怪獣墓場
緊急指令10-4・10-10(完全版?) »

 

page top△

 

Secret

 

page top△