Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

カプセル怪獣のお花見・・・ 

昨年より体調不良の積み重ねで長らく御無沙汰しておりましたが、久々の登場です。
お花見シーズンであります・・・


花見にて①


ナレーション
春のうららかな陽だまりの中、モロボシ・ダンは、平和なひと時を噛みしめていた。


花見にて②


ダン  「いやぁ~今年も桜が奇麗に咲いたなぁ・・・」
怪獣たち「ガウガウ」
ダン  「なんだって?
     お前たち・・・そんな事より腹減っただって?
     俺だって昨日から腹ペコだけどさ・・・
     こうして満開の桜を見てたら、
     ちょっとは腹ごしらえにならないかな?ほら・・・」


花見にて③


ダン  「・・・・・・」
怪獣たち「・・・・・・」
ダン  「・・・・・・」
怪獣たち(ぐぅ~)
ダン   「(ぐぅ~)やっぱり無理かぁ・・・腹減ったな・・・」


花見にて④


ノンマルト夫人「こんにちは~」
ダン     「やぁ、ノンマルトの奥さん・・・あなたもお花見ですか?」
ノンマルト夫人「ええ・・・あのう~、”ガイロスだこ”の握り寿司を
        たくさん作り過ぎて余ったものですから、
        よかったら、お召し上がりになりませんか?」
ダン     「いやぁ~そんな訳には~・・・」
怪獣たち   「ガルルルルル・・・」
ダン     「こらっ!お前たち・・・はしたない・・・」
ノンマルト夫人「うふふ・・・どうぞどうぞ・・・」
ダン     「それじゃぁ、遠慮なく・・・恐縮です・・・」


花見にて⑤


怪獣たち   (ぱくぱく、むしゃむしゃ)
ダン     「こらっ!お前ら、もっと行儀よく食えっ!」
ノンマルト夫人「お寿司食いなっせ、た~んと食いなっせっ」
ダン     「ホント、ごちそうさまです・・・」


花見にて⑥


ダン     「いやぁ~お恥ずかしい限りです。ありがとうございました・・・」
怪獣たち   「ガウガウ(ありがとうと言ってます)」
ノンマルト夫人「いえいえ・・・喜んで頂けてうれしいですわ。
        こうしてみんなで食べると美味しいですね」


花見にて⑦


ノンマルト夫人  「ところでダンさん・・・
          この星の原住民って、相変らずバカな事ばっかりしてますね・・・」
ダン       「・・・・・」
ノンマルト夫人  「それでも、あなたはそんな人たちのために戦い続けるの?」
ダン       「ええ・・・確かに同じ人間同志なはずなのに、
          キナ臭いことをやめられない連中もいます・・・」


花見にて⑧


ダン 「でも、ボクはこの星の人たちを信じて、これからも闘い続けます」


花見にて⑨


ダン 「たとえ・・・それが、血を吐きながら、走り続ける哀しいマラソンだったとしても・・・
    この桜に誓います・・・」

ナレーション
ノンマルト夫人は、そんなダンを見守りながら、何故か哀しげな表情をした。


花見にて⑩


エルドラド

テーマ: 1/6アクションフィギュア - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

怪獣さんシリーズ  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« 続・御花見日和!? -城編-
御花見日和 »

 

page top△

 

Secret

 

page top△