Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

RAILWAYS  -1- 

2011111daytoyama3.jpg

この映画のポスターをお見かけになったこともあるかと存じます。
「RAILWAYS」のシリーズ第2弾、今回の舞台は、富山地方鉄道。
主役は、三浦友和さん、退職を一ヵ月後に控える鉄道運転士さんのお話です。

映画のロケは、全編、富山県内で行われ、ロケに使われた駅、場所は、
マーブルがよく知っているところばかり。
今回、地元での撮影ということで、新聞にエキストラ募集があり、
応募したかったのですが、あぅぅ~っ参加できませんでした(残念っ!)

地元で撮影された風景が、どんなふうに映画になっているのか、
今から、とても楽しみにしています。
富山では、今月19日からの先行ロードショーで、全国は、12月3日からです。

地元のテレビ局で、このメイキングのVTRをちょっこっと放映され、
三浦さんが“富山弁“で台詞を言っている時のシーンがあり、
かなりご苦労されたのではないかと…、でも、とっても優しい感じでしたよ。

ちなみに、自分は、そう使っていないと思っていたのですが、エルドラドに
言わせると、「まる出し」だそうです(笑)
仕方ないかもしれません、ここ数年は、1年の約半分以上は、実家へ戻って
来ていますし、もうほとんど地元人になっていますから。
あっ、ブログのお話に、富山弁…出てたりしますか? 

さて、今の時期の富山は、かなり冷え込みが強く、ストーブなど暖房器具がそろそろ
いる時期なのですが、11月に入っても暖かく、暖房を付けることなく過ごしてます。
立山連峰には白い冠が被っているというのに、今日、1日もかなり暖かかったです。
暖かいというのはいいのですが、おかしな気候が続きすぎるとよくない気がしますね。

2011111daytoyama1.jpg

10月31日に、話題の三銃士を鑑賞し、その帰りに「RAILWAYS」の前売り鑑賞券を購入。
とってもお得な夫婦券2000円もあるのですが、エルドラドさんと一緒に行く事は
出来なさそうなので、あえてエルドラドさんの分と自分ので一般2枚購入。
あっ、ケンカして行かない!とかではなく、時間がなかなか合わないからですよ~(笑)
劇場窓口限定の前売り券特典に、「つべつべ宇奈月(うなづき)温泉バスソルト付き」が
付いてます。
ご夫婦で、映画を鑑賞した後、おうちで仲良く入浴にいかがでしょうか?
映画のお話をするのもいいかもしれませんね。
マーブル、今日は、ちょこっとお出掛けして疲れちゃったので、これを使っての入浴。
お風呂上りも身体がぽかぽかとして…地元缶ビールを片手に一気飲み‥サイコ~っ。

2011111daytoyama9.jpg
「これね、RAILWAYSのロケ地に使われた場所などが表記されているマップなんだよ。
 富山観光案内所とかにあるから、こっちに来たら、ぜひ手に取って見てね。
 レッドアロー(愛称)の電車が可愛いでしょ」

2011111daytoyama5.jpg
「マップを広げると、こんな感じ。ロケに使われた場所が細かく書いてあるんだ。
 他にも富山の大自然と電車を堪能できる絶景ポイントや、ロケ地近郊の観光スポット、
 製作スタッフさんがお薦めのお店などの紹介もあるから、これを片手に、電車に乗って
 「RAILWAYS」のロケ地を訪ねるのも面白いかも、あっ、美味しい食べ物も多いから
 チェックしてみて」

2011111daytoyama10.jpg
「いいお天気だったから、早速、これを持って電車に乗ってお出掛けしてきたんだよ」

今日は、朝からとても気持ちのいい陽気に誘われて、立山黒部アルペンルートの
入り口でもある立山駅まで電車に揺られ、立山駅周辺の紅葉を楽しんで来ました。
途中ロケに使われた駅も通過してます。

2011111daytoyama14.jpg
「わーい、電車でお出掛けでありますよ」
「そんな大きな声を出しちゃダメ。他のお客さんに迷惑がかかっちゃうよ」

2011111daytoyama4.jpg
「立山連峰が見えるけど、今日は、ちょっと霞がかかってるであります」
「でも、全体がよく見えているほうだよ、もっと快晴なら、ばばーんと姿が現すのだけれど」
よく晴れていたのにもかかわらず、くっきりとは見えませんが、
遠くに連なっているのが立山連峰です、とっても綺麗です。(車内から撮影中)

2011111daytoyama22.jpg
「この駅もロケ地でありますか?」
「うん、そうだよ。この駅はね、“剱岳 点の記“では、富山駅として登場したんだ」

2011111daytoyama44.jpg
「一番後ろに行ってみるであります」
「あっ、ケロロ君、待ってよ」
二両編成の車内、二両目に誰もいないのをいいことにいろいろと撮影。

2011111daytoyama48.jpg
「ややっ、車掌さんがいないであります」
「これは、ワンマン電車だから、運転手さんが車掌さんを兼ねていて、
 無人駅では、運転手さんに切符、料金を手渡して、前から降りるんだよ」

2011111daytoyama51.jpg
「線路がよくみえるでありますな~」
「まわりの景色も、すっかり深まる秋って感じ」

2011111daytoyama50.jpg
「駅を通過したであります」
「なんだかスタンドバイミーを歌いたくなっちゃうような風景だね」
「エレキング殿は、歌えるでありますか?」
「・・・無理」(笑)

2011111daytoyama45.jpg
「あっ、トンネル…何も見えないね」

2011111daytoyama43.jpg
「うひょ~綺麗であります」
「すごいすごいっ」

2011111daytoyama49.jpg
トンネルを抜けた車窓の外は…こんな風景に出逢えます。

2011111daytoyama38.jpg
「お空の色と山の紅葉がとっても綺麗だね」
「そうでありますなぁ~」
もう車内からでも紅葉を堪能しまくり、あと10分ほどで立山駅に到着。

2011111daytoyama18.jpg
「到着したであります」
「ここから2階へ上がると立山ケーブルへの乗り換えの改札口があるんだよ」
「乗るでありますか?」
「ううん、僕たちは、この駅周辺の散策するだけ」
「つまらないでありますっ!」
「駅周辺でも、とっても綺麗だから行くよ」
「あっ、待って~我輩も行くでありますよ」

2011111daytoyama35.jpg
立山駅の玄関口は二箇所あり、マーブルは周辺の散策だけなので横手の出入り口から、
観光バスなどが到着する玄関口は、立山ケーブルが見える場所にあります。
取材などでは、こちらの観光バスが到着する方をメインとされ、しっかりと
ようこそアルペンルートへと雷鳥が描かれた看板と立山駅と表示されています。
(団体の観光客の方がぞくぞくと到着され、撮影出来ませんでした)

2011111daytoyama52.jpg
「我輩たちが乗ってきたかぼちゃ電車(愛称)がいくであります」
「立山駅に到着したら、すぐに折り返しして、富山駅に向うんだ。
 さぁ、まわりを歩いてみよう」

立山駅に来たのは、ン10年ぶりです。
以前、こちらへ来たのは、自分がまだ10代後半で、エルドラドと友達だった頃です(笑)
それ以来、今の年になるまで立山駅に来た事がなかったと言う、懐かしいと言うか、
地元なのに、なかなか来けませんというか、行きません。
毎日、「立山連峰」を見ているので、わざわざ上まで行かなくても…というのが本音。

当時、エルドラドが立山へ登った事がないというので、じゃ、一緒に行きましょう~と
言うことになり…行ったのはよかったものの、かなりしんどい思いしたのだけは覚えています。
エルドラドさんとは、その頃からの付き合いでございます、はい。
そのくらい、付き合いは長~く今に至ってます、今でも、夫婦、夫妻、だんな、嫁…とかより、
お互い、友達感覚、兄妹のような感じです。
最初の頃からの付き合い感覚で居ますので、この年になってもマーブル、超我侭な妹って
感じで、エルドラドお兄ちゃん、振り回されっぱなしでございます。

この映画のキャッチコピー、「いちばん近くにいるのに、一番わからないあなた」ですが、
わかる気がします、むしろ、離れているほうが、わかったり、お互いに気遣ったり
してる気が…。 (実体験ですか?と聞かないでくださいね~・笑)

パート2へ続きます

マーブル

[edit]

映画ネタ  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« RAILWAYS  -2-
AKP78登場~ »

 

page top△

 

Secret

 

page top△