Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

久々の映画鑑賞「沈まぬ太陽」 

さてさて・・・
イベントお手伝い用のフィギュアは、主催者代表様の元に無事お届け出来、
まずは一安心であります。
あらためまして、イベントの御成功を心よりお祈り申し上げます。

東宝特撮映画DVDコレクションの③が発売されました。
今回は、キングギドラ初登場の「三大怪獣 地球最大の決戦」。
これまた本編映像はVTRで持ってたりするものの、
俳優名鑑とかポスターコレクションとか付いてると、やっぱり買っちゃうんですね~
次回は、11月10日発売「海底軍艦」ですよ~♪


沈まぬ太陽①


クジ運とかは極めて悪く、中身が判らない食玩とかガチャガチャでさえ、
同じものばっかり出ちゃうタチです・・・
宝クジも当たらないし、懸賞なども滅多に当たりませんが・・・

何をトチ狂ったか?
スーパーのガラポン回しで、1等の映画鑑賞券が大当たり!
何を見ようか迷ってる間に使用期限が迫ってることに気がつき、
慌てて劇場に・・・


沈まぬ太陽②


今回、鑑賞したのは、話題の超大作「沈まぬ太陽」。
それにしても、最近の邦画は元気良いですね。

この映画、上映時間が3時間超と、近頃トイレが近くなったオッサンには
どうかなと思ったものの、中盤に休憩が10分入るので一安心^^


沈まぬ太陽③


原作は全5巻に渡る巨編ですので、3時間超でも描ききれぬ部分はあったかと思います。

第1巻 - アフリカ篇・上
第2巻 - アフリカ篇・下
第3巻 - 御巣鷹山篇
第4巻 - 会長室篇・上
第5巻 - 会長室篇・下

映画化自体が奇跡と言われてる通り、過去に何度も映画化、TVドラマ化と
発表されては立ち消えになった経緯がある作品で、
やはりモデルになった実在の航空会社の内紛やら、
墜落事故で犠牲になった遺族への配慮、
また小説化するに当たっての取材方法が偏っているなど、
どの方面に気を遣っても、不愉快に思う団体・個人からの批判は免れぬと言う、
四面楚歌覚悟で、敢えて映像化したスタッフに拍手喝采・・・な作品ですね。

いつも映画化された作品で突っ込みを入れる部分として、
ちゃんと当時の車とか使ってるのか?と見入る訳ですが、今回はほぼ完璧っ!
空港構内を走る送迎車とか、時代考証しっかりしてました^^

墜落事故現場や遺体収容所などの再現はもとより、
架空の航空会社のさまざまな小道具も逐一細かく作られてて、
キャンペーン用アイテムとか、カレンダーとか、説得力のあるものに仕上がっております。

主人公が労組の委員長として企業のトップと闘う昭和30年代後期と、
墜落事故が起こった50年代後期が主な舞台になっており、
家庭の中の出来事、家族間の心理描写の移り変わりなども
巧みに織り込まれている訳ですが、
ちょうどその頃って自分自身、主人公の子供たちと同世代なんだと気付き、
戦中派の親父世代の気迫って凄かったんだなぁと、あらためて感心しました。

パンフレットは600円ですが、今回はお得です。


沈まぬ太陽④


主演の渡辺謙さん、渋い俳優になりましたね~
今やハリウッド俳優ですので、劇中でも流暢な英語を喋りますし、
今後も益々インターナショナルな仕事を続けて行くんでしょうね。

昔の大河ドラマで「独眼竜政宗」演ったあと、病気で長期療養されてましたが、
お元気になられて何より!

日本アカデミー主演男優賞、ほぼ決まりっぽいです^^


沈まぬ太陽⑤


エルドラド

[edit]

映画ネタ  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« ちょっとそこまで!?
イベント出品用作品③(ノンマルト家族) »

 

page top△

 

Secret

 

page top△