Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

長い1日の終わりに… 

怪獣さん
ゴメス「お~、ゴモラじゃねぇかよ、おまえまでどうしたんだよ?」
ゴモラ「な~に、このシー坊が何やらやってるって聞いてな」
シーボ「手伝いに来てくれたの?」

怪獣さん
ゴメス「なら丁度良かったぜ…、俺が、飯を食いに行ってる間、シーの相手してくんねぇか?」
ゴモラ「おまえに言われなくても、最初からそのつもりさ」
ゴメス「良かったな、シー…じゃ、俺は、飯、食ってくるからな、
     ゴモラにも手伝ってもらえよ」
シーボ「うん、わかった…ありがと、ゴメス、ゴモラ」

怪獣さん
ゴメス「エレキング、後のこと、頼んだぜ」
エレキ「任せておいて」
レッド「エレキングもお腹すいただろ、何か作ってきてやるからな」
エレキ「ありがとう、助かるよ」

怪獣さん
エレキ「じゃ、続きをしよっか…」
シーボ「もう少しで仕上がるから、手伝ってね」
ゴモラ「任せておけって…」
ネロン「‥ゴモラ、ジグソーってやったことあるの?」

怪獣さん
ゴモラ「この形が、ぴったりなとこに、はめりゃいいんだろ?」
シーボ「うん、そうっ」
ネロン「ゴモラも来てくれたから、早く仕上がるね、シーちゃん」
シーボ「うん」

・・・
・・
・その頃・・・

怪獣さん
ゴメス「あ~やっと飯にありつけたぜ、おっ、気が利くじゃねぇかよ、
    ビールまで用意してくれたんだな、ありがとな」
レッド「おまえのことだから、真っ先に“ビール“って言うと思ってな」
(ちなみにゴメスは、未成年じゃありませんので、あしからず~)

怪獣さん
ゴメス「ぷはぁ~っ!! くぅぅ~最高だぜ~…、料理も美味そうだしよ~、
     さすがは、たたら食堂のおやじっ」

怪獣さん
ゴメス「ん? 俺、カレーなんて注文してねぇぜ?」
レッド「聞き間違えたか? んなわけねぇと思うんだけどよ、
    まっ、せっかく作ったんだからよ、食ってけ。
    俺は、これから、シー坊たちの飯を作って、持っていくからよ」
ゴメス「あっ、あぁ、ありがとな」

怪獣さん
ゴメス「注文したっけか…まぁ、いいや…とりあえず炒飯から、いただきますっ」

怪獣さん
クルル「おまえが食わないんだったら、俺が食べてやろうかぁ~クッークックックックッ」
ゴメス「わっ! どっどっから来やがったんだ‥」

怪獣さん
ゴメス「好きに食え…俺、もうハラへってペッコペコなんだよ」
クルル「たたら島カレーってかぁ~」

ガツガツ食べつつも、ゴメスの脳裏には…
《この頃、緑やら、赤やら、やったら見かけるけど、今度は、黄色かよ…》

・・・
・・
ゴメスが黄色いのと食事中…

怪獣さん
ゴモラ「それが最後のピースだ、早く入れて完成させろ」
シーボ「うん…」

怪獣さん
シーボ「やったー、完成っ!」
ネロン「やったね」
ゴモラ「エラいぞ~」
エレキ「よくがんばったね~」

怪獣さん
レッド「おっ、完成したんだな」
ゴモラ「おぅ、このシー坊が、がんばったんだぜ」
レッド「じゃ、飯にしねぇか? ハラ減っただろ? ゴモラ、おまえも食べていけよ」
ゴモラ「じゃ、遠慮なくご馳走になるかな」

怪獣さん
レッド「ほらほら、シー坊のはオムライスな、ネロンガは、エビフライ定食、
    エレキングは、シーフードドリアで、ゴモラは、アジの開き定食っと…」
シーボ「わぁ、美味しそう、ありがと」
ネロン「たたら島の海で取れる海老は、おっきくて美味しいよね」
エレキ「僕の好きなメニューだ」
ゴモラ「俺の好み、わかってんじゃねぇか、ありがとな」
レッド「じゃ、遠慮なく食ってくれよ、俺は、島に帰るからよ」
エレキ「ありがとう、レッドキング。 気をつけて帰ってね」

怪獣さん
ゴモラ「久しぶりだぜ、レッドキングの料理なんてよ~」
シーボ「オムライス~オムライス~」
エレキ「シーちゃん、先にちゃんと頂きますって言ってからだよ」
ネロン「じゃ、頂きます…」

怪獣さん一同の「いただきまぁ~す」の声がレッドキングの耳に届いた。

怪獣さん
ネロン「ゴモラは、やっぱり和食なんだね」
ゴモラ「おぅ、俺の歳になるとよ~、どうも脂っこいものが苦手でよ」

怪獣さん
ゴモラ「あいかわらずシー坊のお守りしてんだな、エレキング」
エレキ「そんなことないよ、ねぇシーちゃん」
 
怪獣さん
シーボ「エレキングはね、なんでも出来るんだよ、お料理に洗濯に裁縫に…」
ネロン「この前もお菓子作ってくれて、美味しかったよね」
ゴモラ「おー、そーかそーか、うんうん」
エレキ「恥ずかしいなぁ…もう…」

怪獣さん
シーボ「ゴメスも、ここで一緒に食べれたらよかったのになぁ」
ネロン「うん、ほんとだね」
ゴモラ「ゴメスは、一番年上怪獣のくせして、子供っぽいとこあるからな~」
エレキ「はははは、そうかもね」
シーボ「ゴモラ、この後、すぐに“じょんそん島“へ帰るの?」
ゴモラ「いや、せっかく来たし、しばらく世話になってもいいか?」
エレキ「じゃ、僕んとこへくればいいよ」
シーボ「僕も一緒に泊まる~」

…美味しい食事と会話が弾む怪獣さん一同であった。

マーブル

追伸・ジグソーパズル検定のジグソー…なんとか期限内に出来ました、ふぅ~。

[edit]

怪獣さんシリーズ  /  trackback --  /  comment 2

page top△

« ケロロ 踊る!大捜査線であります①
長い1日… »

 

パズル完成おめでとうございます~ノシ
ゴモラ出てきましたね~さっそく息子に「大阪城を壊した怪獣だよ」と教えると「大阪城ってロボットも昔居たんだぁ~」と・・・
うん?何か変なリアクション・・・
よく聞くと「大阪城」=「オオサカジョー」というキングジョーに似たロボットだと勘違いしたみたいです(笑)
「お城の大阪城だよ」と教えると「知ってるよ!」だって~反抗期やってきました(笑)

URL | Woody #i6S8jvBo

2009/09/21 12:02 * edit *

Woodyさんへ

こんにちは~はい、なんとか…ってところです~ありがとうございます。
途中、他のことをいろいろとしていたら、やる気が起こらずで、
今の今になって出来ました…しばらくは、やりたくありませ~ん。

うふふふ、オオサカジョー可愛いですね~あっ、マーブルもよくやります。
エルドラドが怪獣についてご教授してくれるんですが…聞き間違えなんてしょっちゅう。
ゴモラのお話は、かわいそうです…展示のために連れてこられたなんて、
ゴモラもいい迷惑、そりゃ暴れます、えぇ。

マーブルのご贔屓怪獣さんは、まずは、尻尾が長いこと(シー坊は特別)
怪獣らしくあることです。 ゴモラは、尻尾の長さで登場決定です(笑) 

マーブル

URL | マーブル #mQop/nM.

2009/09/21 14:20 * edit *

page top△

 

Secret

 

page top△