Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

長い1日… 

この前、シーボーズが始めたジグソーパズルに付き合うゴメス…しかし…

怪獣さん
ゴメス「なぁ、シーよ~結構、仕上がってきたじゃねぇかよ、ここらで飯でも食おうぜ?」
シーボ「もう少しで仕上がるんだよ」
エレキ「シーちゃん、おなか、すいてない?」
シーボ「やるのっ!」

怪獣さん
ゴメス「あ~、もう俺は、もうパス…エレキング、後、頼むぜ」
エレキ「ゴメス…もう少しだから…」
ゴメス「ハラ減って、目回りそうなんだよ」

怪獣さん
シーボ「…あお~ん…」
ゴメス「

怪獣さん
ゴメス「わーーっ、鳴くなっ。
    シーが鳴くと胸にカラータイマー付いたのがすっ飛んでくるからよ」
シーボ「あお~~んっ」
エレキ「シーちゃん、ゴメスも手伝うって」

怪獣さん
ゴメス「あぁ、わかったって、だから…」
シーボ「・・・・・あぅ」
エレキ「良かったね」

ゴメス「・・・・・・」

怪獣さん
ゴメス「なぁなぁ、どうせならそのカラータイマーにも頼め…」
エレキ「あのさ…なんでそのカラータイマーが付いているかわかるでしょ?」
ゴメス「…そうだった‥長く居られないんだよなぁ…はぁ~」

怪獣さん
ネロン「やぁ、ただいま」
エレキ「おかえり~」
ゴメス「おー、いいとこにって…たたら島のバカンス、楽しかったか?」
ネロン「うん、とっても…やぁ、シーちゃん」
シーボ「おかえりなさい」

怪獣さん
ネロン「あっ、そうそう帰り、一緒に来てくれたんだよ」
レッド「よっ、元気か?」
ゴメス「食堂のオヤジっ!」

怪獣さん
ゴメス「なぁなぁ、来て早々悪いんだけどよ、めっ飯作ってくれよな」
エレキ「ゴメス…」
レッド「あぁ、わかったわかった、相変わらずだなゴメスは…。
    でも、その前に、ちょっとシー坊に話をしてからな」

怪獣さん
ネロン「シーちゃん、僕がゴメスの代わりに手伝ってあげるから、鳴かないで」
シーボ「ありがと…」

怪獣さん
レッド「シー坊、がんばるのはいいけどな、休憩も大事だぞ…」
シーボ「うん…」
レッド「ハラ、減ってるんだろ?」
ネロン「あ~、今、シーちゃんのおなか、グ~ってなったよ」
レッド「ほら、やっぱりそうだ…何がいい? 差し入れてやるぞ」
シーボ「僕ね、僕ね…、オムライスが食べたい!!」
レッド「よしよし、持ってきてやるからな」

なんとかがんばって、後100ピース程になったジグソーパズル。
長い1日がようやく終わろうとしていた…。

次回へ続く…。

マーブル

[edit]

怪獣さんシリーズ  /  trackback --  /  comment 0

page top△

« 長い1日の終わりに…
おなかもハートも満タンでありますっ。 »

 

page top△

 

Secret

 

page top△