Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

トホホな映画(湾岸ミッドナイト THE MOVIE) 

車が活躍する読み物や映画が大好きですので、
封切られたばかりの「湾岸ミッドナイト THE MOVIE」を観てきました~

楠みちはる氏の作品は、「シャコタン☆ブギ」とか描いてた頃から読んでましたので、
今回もワクワクしながら上映を楽しみにしてましたが・・・
あららららら・・・な、内容でした。

若いスタッフ、キャストが一生懸命作ってるのは、判りますが・・・
主人公をはじめ、登場人物から 今ひとつ目的意識が伝わってきません・・・
カーアクションシーンは、それなりに迫力があるのに、
「仮面ライダー」や「ごくせん」に出てたイケメンくんが、
なんとなく車に乗ってるだけ・・・みたいな。

主人公の乗る車は、劇中何度もクラッシュするんですが、
ライバルとの競り合いに勝つためだけに、昼夜を惜しまずに修理するシーンとか、
原作通りに、”悪魔に魅入られたキャラ”を描いてるんでしょうが、
マシンへの愛情が、もう少し伝わってこないと、最低限の感情移入もできないです。


湾岸ミッドナイト①


このパンフが千円もするの?


湾岸ミッドナイト②


だってさぁ~


湾岸ミッドナイト③


読むとこないじゃん・・・


湾岸ミッドナイト④


とりあえず、装丁はオシャレです・・・
(せっかく買ったんだから、良いとこ見つけなきゃ・・・)


湾岸ミッドナイト⑤


元々、S30タイプの初代Zが大好きで、これが見たくて劇場に足を運んだ訳ですが、
深い意味もなく、車がクラッシュするシーンは、あんまりいただけませんでした。

フェアレディ生みの親、片山 豊氏が
先日、満100歳の誕生パーティーをされてましたが、
氏には、なるべく大切に扱われてるシーンを観て頂きたいです・・・

これは、1/32プラ製ミニカー


湾岸ミッドナイト⑥


映画の冒頭シーンで、スクラップ状態のZが登場するんですが、
ここでいきなりドン引きっ!
”ポンコツZ”、主人公が修理して乗る設定の2シーターではなく、
なんとっ!後部席を設けた2by2タイプのものでした・・・とほほ~

ウチにもポンコツZ(1/20ニチモ製プラモ)がありますので・・・(笑)
リアサイドのウインドー部形状が違います・・・


湾岸ミッドナイト⑦


同じヤンマガ掲載の漫画ですが、豆腐屋のせがれが峠でドリフトしまくる
こっちの方が、車の扱いが優しかったような・・・


湾岸ミッドナイト⑧


でも、我々世代の心を動かしたのは、スーパーカーブームの火付け役にもなった、
「サーキットの狼」の主人公、ロータスの狼こと風吹裕矢くんでしょう^^
ロータスヨーロッパ、カッコよかったなぁ・・・


湾岸ミッドナイト⑨


ロータスの狼「うおおおおおおお~っ!上等よ~ ハったろうじゃんか!
        悪魔のZだろうが、秋名のハチロクだろうが、ブっちぎってやるぜ~!」


湾岸ミッドナイト⑩


エルドラド

[edit]

映画ネタ  /  trackback --  /  comment 2

page top△

« 愛の取調室(話題の人編)
今井科学の鬼太郎・妖怪自動車 »

 

この方の描くマンガは最初がとってもフワフワしていて軟派になりがち(笑)
作者もスロースターターなんでしょうかね~一通り描くとそこからマシン一筋にドンドン深い世界を描き出してくれるんですよね~
マシンと乗り手の心理を描かせたら一番!次が読みたくなる!(笑)

映画はあまりその世界が描かれていない作品なのでしょうか?残念><

そういえばサーキットの狼(似たもの?)も以前続編がプレイボーイに連載されていたのを読みましたが・・・あれも残念でした

でも子供の頃に流行ったスーパーカーブーム、ロータスが好きになった一人です♪
先日実家のある隣町で黒のロータスを見かけたのですが・・・レプリカだったのかなぁ~戻って見れば良かったと後悔しています><

ランチャ・ストラトスとティレル(タイレル)6輪とロータス・ヨーロッパが今でも大好きです~ノシ
昔の子供向けラジコンって走りっぱなしで左折しか出来ない物でしたね(笑)

URL | Woody #i6S8jvBo

2009/09/17 19:20 * edit *

Woodyさん

原作は、マシンと一体化したキャラの心理描写に説得力がありますね。
あと、ローカルな「頭文字~」と比べて、都会的と言いますか?
「頭文字」派のマーブルに怒られそうですが(爆)

「サーキットの狼」の続編は、「モデナの剣」でしたっけ?
あれは、連載先を青年誌に移したことで、エッチなシーンばっかり増えちゃって、
本来のカーバトルの魅力が半減しちゃったのが、残念でしたね^^

ロータスヨーロッパは、ボディーがグラスファイバー製なので、錆び付かないのが利点で、
ガレージ仕舞って大切に保管されてる車は、今でもピッカピカです^^

ランチア・ストラトスもカッコよかったですね~
何故か、近所のガソリンスタンドにアリタリアカラーのラリーバージョン車が
長いこと放置してありました・・・いまだに謎です(笑)

6輪タイレル!
77年の日本グランプリではひらがなで、”たいれる”って書いてありましたっけ?
シェクターとデパイエのコンビが懐かしいですね^^
当時、タミヤのラジコンで遊びましたよ~

URL | エルドラド #-

2009/09/17 20:29 * edit *

page top△

 

Secret

 

page top△