Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

やっぱりサブマリンが好きっ!③(海底2万マイル) 

さてさて・・・
昨日から、去り行く夏を惜しむように・・・でもないか?^^
単に好きなネタで暴走してるだけですが、
もういっちょ、潜水艦であります・・・

SF映画の、元祖潜水艦と言えば、
ジュール・ヴェルヌの「海底2万マイル」に登場する、
ネモ船長の鋼鉄の船 ノーチラス号。
色んな形で他の物語にも登場しましたが、一番有名なのは、
やっぱり これですね~^^

「ミクロの決死圏」の監督でもある、リチャード・フライシャー監督の1954年制作
超有名なディズニー映画に登場する武骨にして優美なスタイリングは、
現在の眼で観ても古さを感じさせないデザインです。

秋の夜長に、あらためてヴェルヌの原作本とDVDを
両方 見比べてみるのも一考かと?


海底2万マイル①


東京ディズニー・シーがオープンしたとき、
真っ先に見たかったのが、ノーチラス号でした。

そのときのお土産のチョコ缶ですが、なかなかシブいデザインですね。
小物入れに使っております。
ノーチラス号のミニチュア(全長約20cm)は、セガ(SEGA)のプライズアイテムですが、
すごい出来映えで、とても気に入っております。


海底2万マイル②


エクスプラス(X-PLUS)のノーチラス号。
こちらは、全長35cmぐらいある大型モデルです。
当初、LED仕込んで窓とか発光させて楽しむつもりでしたが、
パッケージを開封するのが勿体無くなってしまい、購入時の状態のままです。


海底2万マイル③


なんと言っても、パッケージ裏は大尊敬するパッケージアートの大御所、
小松崎茂大先生によるものであり、これを開封するなんて踏み絵の如し・・・
(ちょっと大袈裟ですが・・・)


海底2万マイル④


最後は、コレクターズアイテムらしく、1956年日本公開時の劇場パンフレット。
当時、ディズニーの作品は大映が配給元でしたので、
著作権は永田雅一(大映社長)氏が持っていたようです。


海底2万マイル⑤


裏表紙(同時期の公開作品が、よく判りますね)。


海底2万マイル⑥


紙質はあまりよくなく、掲載写真も白黒スチールに着色したものでしたが、
結構、読みごたえのある内容です。


海底2万マイル⑦


字が読める大きさの画像が掲載出来ず、申し訳ありません・・・


海底2万マイル⑧


ネモ船長役は、イギリスの名優、ジェイムス・メイスンでしたね。


海底2万マイル⑨


早川書房版の原作より、一節が紹介されてます。


海底2万マイル⑩


ヴェルヌの経歴及び、他作品も紹介。
当時の軍事科学力とSFファンタジーの世界を比較しながら、
まだ戦争の傷跡が深い現状、平和への願いが語られております。


海底2万マイル⑪


ここで、1952年に建造されたアメリカの原潜ノーチラス号のことも触れられてます。
トルーマン大統領の”原子力”への期待をこめた演説なども記されており、
当時は、原子力が未来を築くぐらいの勢いだったことが判ります。

これは復刻版ですが、マルサンのノーチラス号。
日本発のプラモでしたね。


シービュー号⑤


あとは、当時のハリウッドの特殊技術・・・
色々紹介されてますが、この記事をみる限りでは、
はっきり言って当時の特撮技術は、円谷特撮の方が遙か上だと思いました。
世界に誇る円谷英二の職人芸でしたね。


海底2万マイル⑫


同時上映は「プカドン交響楽」と言うミュージカルアニメで、
上映時間は11分と言う短編物のようです。


海底2万マイル⑬


余談もいいとこですが・・・
「崖の上のポニョ」に登場する、フジモト(主人公ポニョの父)って、
若い頃は『海底二万里』に登場する潜水艦「ノーチラス号」にて
唯一の東洋人乗組員として働いていたって設定になってましたね^^

そうかもしんない(by:所ジョージ)


所さん



エルドラド

[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 6

page top△

« 警視-K(愛の取調室)
やっぱりサブマリンが好きっ!②(ミクロの決死圏) »

 

こんばんは~、Maverickです。

ベルヌのノーチラス号は、1800年にロバート・フルトンが実際に設計したノーチラス号にちなんで付けられたそうで、形状的には1916年の映画に登場したノーチラス号のほうが原作の記述に近いのかもしれせんが、我々にとってはやはり1954年版のノーチラス号ですよね!

ハーバー・ゴフのデザインによるレトロ・フューチャーなノーチラス号、近未来的なスティングレイ号、リアルで流麗な外観のシービュー号、ワタシ的にはこの三隻が海外SF作品に登場する潜水艦の三大名艦だと思っています。(^_^)v

日本の名艦は東宝の誇る、質実剛健な轟天号!

URL | Maverick #3VMsGyWQ

2009/09/02 21:06 * edit *

Maverickさん

コメントありがとうございます~♪
さすが!お詳しいです^^
ホント、”ノーチラス号”は色んな物語にゲスト?出演したり、
パロディーになったり、ネモ船長のキャラとともに、元ネタとして提供されてますが、
まず頭に思い浮かぶのは、1954年映画版の勇姿ですね^^

そうそう^^
次は、スティングレイと轟天の順番でネタにしようと思ってたところでした(笑)
東宝ネタでは、「緯度0作戦」のα号と黒鮫号も大好きです^^

URL | エルドラド #-

2009/09/03 03:19 * edit *

 ノーチラス号に対する思いと夢が文章からすごく伝わってきました(^^)
小さい時にお風呂で遊んだ事を思い出しました!何か海洋物は特別な感じがします(^-^)

そういえば五十嵐さんに「轟天号」見たこと
ある?と聞いたら「海自にいたとき呉でね」と
答えてましたっけ(笑)

URL | GORO #D85GAvGs

2009/09/03 21:30 * edit *

GOROさん

いつもコメントありがとうございます^^
ノーチラス号のキットは、ダイヤブロックのカワダから出てたんですね。
少ないパーツ数ながら、良い出来でしたね。

五十嵐さんは、ノリが良いですね~^^
アドリブが抜群です!若さの秘訣だと思いますよ(笑)
いつもマーブルが会いたがっております。

URL | エルドラド #-

2009/09/04 04:58 * edit *

潜水艦のにおい(笑)に誘われてやってきました。
はじめましてgoo_goo43と申します。

X-PLUSノーチラスにLEDのくだりを拝見して
「同じようなことを考える人もいるな」とニヤリとしてしまいました。
好きな潜水艦たちも思いっきりかぶってますし・・。

私は箱絵をあきらめ、LEDを仕込みました。
よろしかったら見てやって下さい。
ttp://blogs.yahoo.co.jp/goo_goo43
(hをつけると禁止キーワードになりました)

URL | goo_goo43 #Vg7l9weY

2009/09/26 09:30 * edit *

goo_goo43さん

はじめまして
いらっしゃいませ~
コメントありがとうございます^^
同世代の方ですね。

さっそくブログの方、拝見させて頂きました~素晴らしいですね~
ちゃんとノーチラスにカーク・ダグラスとジェイムズメイスンが乗ってるし~
♪まさしく私のツボど真ん中なカスタマイズで、シビレまくりましたよ~
あと、電飾と船内デコレートのワザもすごく上手いですね。

シービューもポーラライツのものを1段窓タイプに改造されたんですね。
これまた私も同じ事をしようと思いかけてた矢先に、先日の新製品が登場した次第です^^ゞ
私にはゼネプロのバキュームキットを作りかけて挫折した切ない思い出が・・・

我々の世代は、小川や銭湯で遊んだサブマリンの思い出が神聖化してるのかも知れませんね^^

こちらは、とりとめのない事ばっかり書いておりますが、どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。
またぜひお立ち寄りくださいませ。

エルドラド

URL | エルドラド #-

2009/09/26 23:04 * edit *

page top△

 

Secret

 

page top△