Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

イベントまであと僅か・・・ 

震災からひと月余り、あまりにも大規模な被害が出ており、
本当の意味での復興には程遠い現実があります。

ここ暫く報道関係各方面も、他の話題を口にする事さえ憚る状態が
続いておりましたが、少しずつ日常を取り戻しつつあるようです・・・
頑張れ、日本っ!

                 ※※※

レポーター「カムイさん、入籍を済まされたそうですが、プロポーズのお言葉は?」
カムイ  「それは、秘密です・・・」


イベント直前0


マツケンと言えば・・・
”暴れん坊将軍”の人がやってる、ドラマ型式の”おせんべい屋さんのCM”、
今年から、奥さんの役が田中好子さんから原日出子さんに代わったのは何でだろうと、
思ってましたが・・・そうでしたか・・・この訃報は世代的にも驚きでした。
キャンディーズの前に「突撃!ヒューマン」とかやってる頃から、顔を知ってましたし・・・
御冥福をお祈り致します・・・

                  ※※※

杉下右京 「神戸くん、今日は思うところがありますので早く帰らせて貰いますよ・・・」


イベント直前①


さてさて・・・
世の中は自粛モードが続いてますが、
何はともあれ経済の活性化が
日本復興のキーポイントですから、
あまり華美な電飾などで消費電力などに影響が出なければ、
(地域にもよりますが)通常のイベントなどが行なわれても良いような気もしたり・・・

                 ※※※

アクションフィギュアを趣味にしてる人たちの恒例イベント「ドールショウ」は、
予定通り開催されるそうで、うれしく思っております。
今回は、古本屋さんをテーマにした壮大な展示企画があり、
そのお手伝い要員として、ウチからも3人派遣させて頂いております^^
イベントの御成功を心よりお祈り申し上げます。

キタノイチ探偵「そうか、事件の鍵は帝都の古本屋さんか・・・」


イベント直前②


キタノイチ探偵「出かけますよ、先生っ!」
アイン博士  「なんだか面白そうですなぁ・・・ワクワクして来ましたぞっ!」


イベント直前③


トレホくん  「お~いっ、オレも連れてってくれよ~」
キタノイチ探偵「人数制限があるんだぜ・・・ま、邪魔にならんようになっ!」


イベント直前④


いざっ、出陣っ!


イベント直前⑤


ところで、背が高すぎるのが弱点の三船フィギュア・・・
今回は、足を短く加工したドラゴン社の胸薄素体を使用してカスタマイズしてみました。
通常の素体(右)と並べてみると、こんな感じでいいかな?
(和服を着せたかったので、お腹が出た状態に見えるよう腹当て装着)


ミフネカスタム①


うむっ!これぞ昭和の頑固オヤジっ!


ミフネカスタム②


チャラチャラしてる若造は、みんな怒鳴られそう^^


ミフネカスタム③


実写版の星一徹とか、似合いそう・・・


ミフネカスタム④


エルドラド

テーマ: 1/6アクションフィギュア - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

カスタムフィギュア  /  trackback --  /  comment 0

page top△

三船司令登場っ! 

以前から発売を心待ちにしておりました、三船敏郎氏をモチーフにした
連合艦隊司令長官が、我が家に到着っ!
(御手配頂きましたGOROさんに大感謝でありますっ!)

さすがは三船司令っ!
パッケージデザインがシブいですっ!


三船①


蓋を開けて、フィギュアと初対面する時の高揚感が堪りません^^
「おおっ、想像以上の出来映えっ!」


三船②


小道具類も充実っ!
専用椅子が素晴らしいっ!
軍刀のレリーフも凝っております。


三船③


威厳が漂って参ります。


三船④


最近のフィギュア、衣装関連の縫製技術が凄いですね。
この手袋とか、どうやって縫ったのかと思います。


三船⑤


無敵の三船敏郎っ!
・・・なれど、唯一の弱点は、1/6にしては背丈が大柄過ぎる事。
素体が西洋人体型の為、どうしても180cmぐらいある人物になっちゃいます。
アルフレックスの侍フィギュアと並べてみると、この通り・・・
カスタマイズのポイントは、まず背丈の低い素体への交換ですね。


三船⑦


ところで、三船氏が演じた連合艦隊司令長官・山本五十六海軍大将、
昨日が命日だったんですね。

山本 五十六(やまもと いそろく、
明治17年(1884年)4月4日 - 昭和18年(1943年)4月18日)


三船⑧


エルドラド

テーマ: 1/6アクションフィギュア - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

たけしの名探偵? 

探偵小説の巨匠、横溝正史先生・・・
今年で没後30年だそうで、時が流れるのは早いものだと思います。
角川映画全盛期の頃、横溝先生自らラジオなどによく出演されて
金田一耕助のお話をしてましたっけ・・・

さてさて・・・またしても
懲りずに、たけしヘッド装着フィギュアの登場であります・・・


たけし金田一①


このいでたちも、結構似合います^^
パロディネタではやってた事ありますが、
シリアスなドラマを演っても絵になるような気がします。


たけし金田一②


この人だって演ってたぐらいですし・・・
「ひょうきん族」つながり?


たけし金田一③


小林警部「本庁の小林だ。」
駐在さん「これはこれは警部どの~、こちらが現場でありますっ!」
小林警部「この村に、名探偵キタノイチ・タケスケ先生が逗留してるはずだから、
     ちょっと呼んで来てくれ・・・」
駐在さん「はっ!」


たけし金田一④


キタノイチ「事件ですか?小林警部・・・」
小林警部 「いやぁ、せっかくお休みのところ、申し訳ありませんが、
      我々にご協力お願い致します。」


たけし金田一⑤


キタノイチ「じゃ、さっそく村の人たちにお話を聞きましょう」
小林警部 「はい、あちらに呼んでありますので・・・」


たけし金田一⑥


村長「ワシが村長の金子じゃがのっ、ここは平和な村じゃけぇ・・・
   事件なんぞと人聞きが悪い話は御勘弁願いたいものじゃのっ」

※横溝作品では、村ぐるみの隠し事とかって、結構あるあるパターンですね。


たけし金田一⑦


旧家の奥さん 「さあ・・・私は何の話なのかさっぱりです」
野良仕事中の娘「私は、畑仕事に夢中でしたので・・・」

※横溝作品では、女が下手人(げしゅにん)の確立が結構高いですね。


たけし金田一⑧


高利貸しの谷「私は、トレホ金融の谷だが・・・
       商売柄、恨みを買うのはしょっちゅうでね。
       こっちも殺してやりたい奴の一人や二人いるよ・・・
       いやいや・・・もちろん、人殺しなんてしてないぜ・・・」

※こう言う如何にも怪しいやつって、途中で死んじゃったりしますね。


たけし金田一⑨


キタノイチ「おい小僧、隠し事はタメにならねえぞっ!」
村の子供 「いてえよ~、オラ知らねえよ~」
小林警部 「キタノイチさん、乱暴はいけません・・・」


たけし金田一⑩


駐在さん 「これで、村人は全員です」
キタノイチ「そうか・・・」
小林警部 「皆、アリバイがあるようですし、特に怪しい言動もないようでしたね」


たけし金田一⑪


キタノイチ「捜査は振り出しに戻ったってことか・・・」
小林警部 「これは厄介なヤマになるかも知れませんね・・・」


たけし金田一⑫


上半身男「ちょいとすいませ~んっ!」
キタノイチ「ギャっ!」
小林警部 「おおっ!」


たけし金田一⑬


上半身男 「あったあった、こんなとこまで飛んでっちゃって・・・」
キタノイチ「なんだ、お前は?」
小林警部 「じゃぁ・・・この下半身は、君のものだって言うのか?」
上半身男 「へえ・・・そんな訳で・・・エヘヘ」


たけし金田一⑭


上半身男「あたしは、隣村のもんなんですが、畑を耕してる時に
     つい手元が狂っちまって、鍬がお腹にめり込んじゃいまして・・・」


たけし金田一⑮


上半身男「その勢いで、下半身がポ~ンと飛んでっちゃった次第で・・・」
(そんなアホなっ!)


たけし金田一⑯


上半身男「アタシのボディは、ド○ゴン社の初期タイプを使ってるもんですから、
     しょっちゅう身体が分解しちゃうんでさぁ・・・」

※説明しよう・・・ド○ゴン社の初期素体には不良品が多く、
 すぐ胴体のジョイントが折れてしまったりして、ユーザーをシラけさせたのである。


たけし金田一⑰


上半身男 「・・・っちゅう訳で御迷惑をおかけしました~」
キタノイチ「結局、事件性はないってことかな?」
小林警部 「そのようですな・・・」


たけし金田一⑱


上半身男 「んじゃ、あたしはこれにて・・・」
キタノイチ 「・・・・・・」


たけし金田一⑲


キタノイチ「馬鹿野郎っ!なんちゅうオチだよっ!じょ~だんじゃないよ~!
      このっ、このっ!」
上半身男 「ひえ~っ」

(結局、スプラッター・・・)


たけし金田一⑳


キタノイチ「まっ、ともあれ今回は事件が起こった訳ではなくてよかったですな・・・
      次の列車で帰る事にしますよ。」
小林警部 「どうもお疲れ様です。あとで駅までお見送りに・・・」


たけし金田一21


エンディングテーマは、茶木みやこさんの唄でも流しておきましょう^^


たけし金田一22


ところで・・・
金田一耕助って、1913年生まれと言う設定なので、
今年で98歳になっちゃうそうです・・・へえ~・・・


たけし金田一23


キタノイチ「やれやれ・・・疲れたなぁ・・・」


たけし金田一24


キタノイチ「疲れた時には、エスファイトゴールドだよ~ 奥さんっ!」

※当時、キャンペーンで貰ったコップ、いつもジュースとか飲んでます。


たけし金田一25


エルドラド

テーマ: 1/6アクションフィギュア - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

カスタムフィギュア  /  trackback --  /  comment 2

page top△

たけしの、バイオっハザ~~~ドっ! 

大人気TVゲームの「バイオハザード」が世に出て、15年も経ったんですね。
私の場合、超ゲーマーだったマーブルさんの影響で後からいろいろ知った次第ですが・・・
セガ派だったマーブルさんが、セガサターン版でプレイしてた流れで
手元に残ってるソフトは、DC(ドリームキャスト)版が多いようです。


たけしバイオ①


これまたマーブルさんの知識からの受け売りですが・・・(笑)
「バイオ」の元ネタは、ファミコンソフトの「スウィートホーム」なんだそうで、
なかなか難易度の高いゲームだったとか・・・
その分、プレイ後の達成感は相当なものらしいです。

映画の「スウィートホーム」は観たことありますので、知ってましたが・・・
確か、東宝と伊丹監督の間で裁判沙汰になった為に、未だにDVDとか
出せない状態なんだそうで・・・


たけしバイオ②


「バイオ2」のおまけゲーム「豆腐サバイバー」と言う
難しいゲームも5分ほどでクリアしちゃうマーブルさんが難しいと言うぐらいだから、
相当難しいんだと思います^^

個人的にも「バイオ2」のザッピングシステムを取り入れたシナリオが好きでした。
あれは上手く出来てました。


たけしバイオ③


ゾンビA「ゾンビで~すっ!」
ゾンビB「生ける屍で~すっ!」
ゾンビC「くたばりぞこないで~すっ!」


たけしバイオ④


ミーティング中・・・

ゾンビA「さぁ~て・・・今日はどんな感じで、やられましょうか?」
ゾンビB「そうだね~、やっぱ、定番通りに暗がりで身を潜めて・・・」
ゾンビC「最初から倒れてて、通りすぎかけたプレイヤーの足に絡みつくとか・・・」
全員  「いいね~、それで行こっか?」


たけしバイオ⑤


ゾンビA「今日は誰が来るのかなぁ~?出来たら、クレアちゃんに撃ち殺されたいなぁ・・・」
ゾンビC「オレは、ジルちゃんに踏んづけられたいなぁ~」


たけしバイオ⑥


A&C 「ウヒョっ、ウヒョっ」


たけしバイオ⑧


ゾンビB「お前は、どうされたいのかな?」
女ゾンビ「そりゃぁ、もちろんアタシは・・・」


たけしバイオ⑦


女ゾンビ「クリスか、レオンに胸を撃ち抜かれたいわよ~、ウッフ~ん」
ゾンビB「はらわた剥き出しになってても女だね~・・・じゃ、そうなるように願ってるぜ」


たけしバイオ⑨


ゾンビA「おっ!みんな~、ゲームがはじまったぞ~」
ゾンビB「今日も気合入れて行こうぜ~」
全員  「それっ、飛びかかれ~ ウォ~っ!」


たけしバイオ⑩


ピコっ、ピコっ

たけし「くたばれっ、この野郎~っ!ぎゃははははははっ!」
ゾンビ「ギェ~っ!」


たけしバイオ⑪


たけし 「コラっ!姐ちゃん、乳もませろってのっ!」
女ゾンビ「いやぁ~~っ!」
たけし 「思わず、前が膨らんでしまいました・・・あたいは・・・」

(ジャンジャン)※週刊ポスト風


たけしバイオ⑫


PS2やPS3になってからのゲームは、操作性もグラフィックも
当時では考えられないほど格段にupしましたが、やっぱり「バイオ2」の頃の
ポリゴンカクカクな画面には、未だに愛着があります^^

十字キーの操作がヘタクソで、キャラが全然真っ直ぐ進まなかったり・・・
壁の方向いたまんま移動したり・・・
こんな感じ?


たけしバイオ⑬


ゲームのお約束なのは、アイテム取ったとたん、寝てたゾンビが動き出したり・・・
やたら電源が抜けてる場所が多く、クランクとかバッテリーを遠くまで取りに
行かなきゃならないとか・・・途中、カラスとかゴキブリとかたくさんいるんですね^^

あと、途中で非力な小娘にキャラチェンジしなきゃならぬ場面があったりして、
あれが結構苦手だったなぁ・・・

小娘「キャア~!」


たけしバイオ⑭


このシリーズ、作中でやたら日記とか付けてる人が多いみたいで・・・
ここにヒントが隠されたりするんですが・・・


たけしバイオ⑮


一度に持てるアイテムに限度がある為、途中でどうしても進行上必要なアイテムを
収めるために回復アイテムや弾を無駄に使ってスペースを確保したとたん、
すぐ先にアイテムボックスがあったり・・・

「ベロニカ」では、リニアランチャーだったかな?
あれで、やっつけた怪物(クリーチャー)の顔とか覗くのが好きでした^^
結構、面白い顔してて笑っちゃいました・・・


たけしバイオ⑯


死にかけた仲間を仕方なくその場において、
先へ進むのはツライのです・・・

トレホ「俺は、もう駄目だ・・・お前だけ逃げてくれ・・・」
たけし「おい、しっかりしろっ!あとで絶対助けに来るからよっ!
    脱出したら、一緒に川崎のお風呂屋さんに行こうぜっ!」


たけしバイオ⑰


でも、あとでもう一度戻ってみたら、仲間は既にゾンビ化しちゃってる・・・みたいな。

トレホ「やっぱ・・・お風呂屋さんは、中洲、すすきの・・・ニューヨ~ク・・・だな」


たけしバイオ⑱


ともあれ・・・
今後の展開が楽しみなシリーズです。


たけしバイオ⑲


エルドラド

テーマ: 1/6アクションフィギュア - ジャンル: 趣味・実用

[edit]

カスタムフィギュア  /  trackback --  /  comment 2

page top△