Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

成田亨氏 

2月26日は、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「マイティジャック」と、
初期の円谷作品を支えたデザイナー、成田亨氏の命日でした。
もう亡くなって6年も経ったんですね。

画像は、手に入り難くなった朝日ソノラマの画集。


成田亨画集①


氏の本業は彫刻家であり、画家ですので、時々名古屋でも個展を開いておいでで、
数回、直接お話を伺ったことがあります。
外見は学者タイプの気難しい人かと思いましたが、とても気さくでファンとの交流を
大切にする方でした。懐かしいなぁ・・・

ウルトラマンのカラータイマーは、元々成田氏の考えたものではなく、
番組の編成上、スタッフが後付けしたものだそうで、あまり好きではなかったそうで、
オリジナルデザインの絵を描かれる際は、カラータイマーは意図的に描かれておりません。


成田亨画集③


ウルトラマンの初期設定、面白いデザインです。


成田亨画集④


MJ号、カッチョいいなぁ~!
冨田勲氏作曲のファンファーレが聴こえてきそうです・・・


成田亨画集⑤


20年以上前、この本を 氏の個展に持ち込みサインを頂きました。
大事にしなきゃ・・・です。


成田亨画集②


■おまけ■
このポインターは、(マルサンではなく)マルザン製で、ボディーの成型色はブルーでした。
ポインターのタネ車は、クライスラー・インペリアルでしたが、
これまた成田氏の巧みなアレンジで、ウルトラ警備隊の顔とも呼べる斬新なデザインが
生み出されました。素晴らしいですね~


ポインター①


このプラモの裏にもサインをして頂きました。


ポインター②


エルドラド

[edit]

今日は何の日?  /  trackback --  /  comment 0

page top△

龍が如く3 

予約してた新作ゲームソフト「龍が如く3」を取りに行ってきました。
とても楽しみにしてた作品ですが、マーブル共々製作モードなので
ちょいとお預け~~~

う~む・・・
ちょっとだけ、やりたいなぁ~

今回は沖縄が舞台かぁ・・・
出演者も豪華な顔ぶれっ!
遊び要素も更に追加っ!

でも、お預け~^^ゞ


龍が如く3(ソフト&冊子)


エルドラド

[edit]

TVゲーム  /  trackback --  /  comment 2

page top△

来たのは俺だ 

今週は、いきなりデジカメが壊れてしまい、焦りまくりでした。
新品を買う予算もなく、結局マーブルに泣きを入れて中古ながらも状態の良いものが
手に入り、ホッとしている次第です。

画像は、先々週にディスカウントストアで見つけたケロニアのフィギュア。
少年リック限定版で、なんと!本体のほかに人間体の頭と手首がおまけで付いてる
お買い得品・・・(むしろ、おまけで遊びたくて手に入れた訳ですが・・・)


ケロニア(少年リック限定)


パーツ一覧・・・


ケロニア①


本体画像。
なかなかのディテールですね・・・


ケロニア④


こうやって遊ぶのが楽しいんですね^^(足が長すぎるかな?)
子供の頃、結構怖かったなぁ・・・


ケロニア②


ムラマツ「今日、南米ボリビア基地からやってきたゴトウ隊員だ」
ゴトウ 「ヨロシク、オネガイ シマス・・・」


ケロニア&キャップ


エルドラド

[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 2

page top△

銭ゲバ 

土曜の夜、日テレ系で放送中の「銭ゲバ」というドラマがありますが、
今になってドラマ化されることに結構びっくりしました。

世の中が大阪万博に湧いてた1970年頃、少年サンデーに連載されてた作品ですが、
少年誌に載せるには余りに過激な内容で、当時”有害図書”に指定されてたりして、
PTAや教育委員会からバッシングの嵐だった記憶があります。
ただ、当時の世相は今と違ってサンデーやマガジンの愛読者には大学生も多く、
学生運動とかやって機動隊と衝突してたゲバ学生のバイブルが「あしたのジョー」だったり、
キャンパス内でピケやってた立てこもり連中のバリケードに”ニャロメ”が描いてあったり、
今の”少年週刊誌”よりは高い年齢層に訴えかけた作品が多く連載されていたのも事実です。
なるほど・・・銭ゲバ・・・ズラか?(笑)

ジョージ秋山氏の漫画は どれも好きでしたので、この作品にも結構ハマりました。
当時、東宝が唐十郎氏主演で映画化してたのも観ました。
主人公が悪党でありながらも、ひたすら愛を求めて這い蹲り破滅して行くさまを
当時子供だった私には、かなり衝撃的なストーリーでしたが、未だに印象深い作品の一つです。

原作では、当時社会問題だった”公害”がもう一つのキーワードになってて、
金持ちがタレ流したクソを貧しいものが食うと言った世の中の構図を皮肉った内容でしたが、
放送中のドラマ版も、うまくアレンジされてると思います。

これは、朝日ソノラマ漫画文庫版で、S53年頃に再版されていたものです。


銭ゲバ(朝日ソノラマ文庫版)


物置整理をしてたら、面白い・・・と言うか、いまどき風に言えば、キモカワいいのか?(笑)
銭ゲバ(蒲郡風太郎)のぬいぐるみを発見っ!よく、こんなモノを とってあったなぁ・・・

これは当時、学校の家庭科の授業でクマさんのぬいぐるみか何かを作らされたときに、
なんだか、そのまんま言われたものを作ったんでは面白くないと思いまして、
裁縫上手の女子にも手伝って貰いながら製作したものです。
・・・が、家庭科のおばさん先生には、”気持ち悪い!””課題どおりではない!”と、
えらいヒステリックに怒られまして・・・
担任にも報告されて、大騒ぎになりかけたんですが、
なんと、校長先生がこの漫画のファンで、「うん、うまく出来たね」の鶴の一声で
事なきを得たという次第です。

思えば、この当時から”カスタムフィギュア”というものに関心があったのかも知れませんね(笑)


銭ゲバ(ぬいぐるみ)


エルドラド

[edit]

エンターテインメント  /  trackback --  /  comment 0

page top△

007・DVDコレクション 

またまた創刊号のみ、安く売ってるDVDシリーズですが、ついに「007」が登場!
しかも第一弾は「ゴールドフィンガー」!


007・DVDブック


アストンマーチンに颯爽と乗り込み、オッドジョブ相手に派手なアクションを繰り広げる傑作が
たったの790円で楽しめるなんて、なんて、ありがたや・・・ありがたや・・・


ボンド&オッドジョブ①


画像のボンドとオッドジョブは、映画の公開当時にギルバート社から発売されていた
アクションドールのヘッドを型抜きし、GIジョーのボディーに移植したものです。
最近発売されたサイドショウトイ辺りのリアルさはありませんが、
なかなか味のある面構えで、結構気に入っております。


ボンド&オッドジョブ②


エルドラド

[edit]

映画ネタ  /  trackback --  /  comment 2

page top△

海坊主も・・・キタ~~~!!! 

先日到着しましたフジ隊員に続き、これまた去年の秋に申し込んでたシーボーズが到着!
製造元は、フジ隊員と同じくメディコムなんですが、
こちらはハイパーホビー誌の誌上限定というアイテム。


シーボーズ①


フジ隊員と同様、決して安い買い物ではなく 長らく待たされ忘れた頃の到着ですが、
内容は、いつもながら さすがの出来映えです。
シーボーズ②


インジェクションものでは初登場かな?
ウルトラマンロケットも付いてるし・・・


シーボーズ③


なかなか手触りもよく、子供の頃 アトラク着ぐるみと握手した触感を思い出します。


シーボーズ④


ホネホネ感もよく再現されてます(笑)
尻尾にはワイヤー入ってないみたい・・・


シーボーズ⑤


男前っ!(笑)


シーボーズ⑥


けっこう大口開けられます・・・
アオ~~~ン


シーボーズ⑦


ポージングもかなり自由に出来ますが、
メディコムのアクションフィギュアは扱うのに緊張します。
マーブルに買ったものですので、壊しちゃったらエライこっちゃ(笑)


シーボーズ⑧


エルドラド

[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 3

page top△

タンスの発掘アイテム(怪獣バッジ編) 

タンス整理アイテム、今回は怪獣バッジです。
ゴジラとアンギラスは、コビト(懐かしい製菓メーカーの名前)チョコの
当たりクジで貰ったもの。
アンギラスが立ちポーズで、しかも手足がボディーと色違いなのは、
当時ブルマァクから出てたサイケな色彩のソフビ人形を参考にしたからだと思われます。
下は仁丹ガムの懸賞品で始祖鳥ですね(怪獣じゃないじゃん!)
・・・って、当時の学習雑誌や少年漫画誌では、
怪獣も恐竜も一緒に紹介されてたりしましたね。


ゴジラバッヂ (コビト景品)


こちらは、小学館の学習雑誌で通販してたウルトラ怪獣のバッジ。
ニャロメとかいなかっぺ大将があるのは、同雑誌で当時連載してた作品のキャラだった為。
ウルトラマンAやらレオやら、私の世代より新しいキャラは、従兄弟に貰ったものです。
白黒作品のウルQ怪獣(ナメゴンやカネゴン)も、
カラフルな色づけでポップな印象を受けます。


小学館・怪獣バッジ


エルドラド

[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

日本一のステテコ男 

約2年前に発売されました、タカラホビーの植木等フィギュアです。
それまでありそうでなかったアイテムが、昭和レトロブームなどの追い風もあり、
世に出たことは実に画期的で個人的にも大変うれしかった思い出の品です。

小物も充実しており、ゴマすり道具やら、劇中に登場した架空の清涼飲料水の
パッケージやら、クレイジーキャッツのファンなら、思わずニヤリとさせられたことでしょう。

確か、当初は”ゴールデンスタア”シリーズと銘うっており、第2弾、3弾と登場しそうな気配で
こりゃぁ、次は若大将で、その次はドリフターズでも出ないものかとワクワクしましたが、
このアイテムが必ずしもヒットした訳ではないようで、今でも量販店に残ってる様子からみて、
続々登場という図式にはならないみたいですね・・・お呼びでないか・・・(残念)


植木等(パッケージ&フィギュア)


さて、このフィギュアですが、もちろん気に入っておりまして、
植木氏のあらゆる決めポーズが再現出来、
楽しませて貰っておりますが、唯一物足りぬ一点!
靴が脱げないという部分です・・・
やはり植木等と言えば!ステテコ姿で踊ってくれないと・・・(笑)
そもそも この素体、同社の人気アイテムCG(クールガールズ)を
男性素体にしたようなボディです。


植木等(ステテコ一丁)


そこで ヘッドを型抜きし、他の素体を使ってステテコ姿を再現するとしましょう・・・
この素体のヘッドは首基部が短いので、
まずは、移植先の素体を考慮し、スペーサーを敷いて型抜き・・・


植木等(製品ヘッド)


シリコン型が出来ましたら、ウレタンキャストで型抜き・・・今回も中空成形です。
量産したい場合は、アゴのラインなどを整えたムク原型を作ってから、
もう一度型抜きするところですが、
今回は、ひとつひとつ後で成型するつもりでしたので、アゴの部分はギザギザのまんま・・・


植木等(型抜きヘッド)


塗装完了~ 塗装時は、元のヘッドを眺めるより、映画や役者さん御本人のスチール写真を
見ながら作業した方が断然いいものになりますね。


植木等(塗装ヘッド)


製品版フィギュアとのツーショット!スーダラ節もオッケ~!
これで日本も安心だ~♪


植木等(ダブル・植木)


エルドラド

[edit]

カスタムフィギュア  /  trackback --  /  comment 0

page top△

手塚治虫先生の命日 

我々の世代にとって、昭和の代名詞とも言える漫画の神様、
手塚治虫先生が亡くなって早20年・・・
先週辺りから、BS放送などでも特集してますね。

画像はファンクラブの会報で、約20年分です。
当初は”虫のしらせ”というタイトルで始まり、私は第6号発行時に入会した覚えがあります。
手塚先生が亡くなってからも2~3年入ってましたが、
やはり御本人の近況が拝聴出来てのファンクラブ・・・結局退会しちゃいましたが、
私にとっては、マーブルとともに、お互いファンクラブに入ってたのが
知り合うきっかけだったりする訳で、感慨深い記録の一部ではあります。


手塚ファンクラブ(会誌)


こちらは年に1回付いてくるバッジです。
もっとあるはずですが、整理がいい加減なので、手元にあった分を・・・
(宝塚の記念館バッジも混じってました・・・)


手塚ファンクラブ(バッジ)


サインは1980年、名古屋国際ホテルで行なわれた
ファンミーティングに持ち込んだ古本に頂いたもの。
背が高く、大きな手で握手して頂いた記憶があります。


手塚サイン本


エルドラド

[edit]

今日は何の日?  /  trackback --  /  comment 0

page top△

いきなり団子~ご馳走さまっ。 

アニメ・ケロロ軍曹で、「いきなり団子」という名前のお菓子が出て来るのですが、
前々からすっごく気になっていました。
先日、「いきなり団子」を食べる機会があり、大満足しちゃいました。

いきなり団子
熊本新町「くま純」さんの「いきなり団子」1個126円。
ほっくほくのから芋、くま純さんこだわりの北海道産小豆、
手作りもちもち団子皮で、ひとつひとつ丁寧に手作りされています。
見た目通り、ボリュームがあり、食べ応え抜群。
さつまいもの厚さの食感と、餡子の甘さが絶妙のバランスで美味しかったです。
ケロロの大好物なのが、すごくわかったような気がします(笑)
お取り寄せも出来るみたいなので、今度、頼んでみたいと思います。

いもようかん
マーブルが大のご贔屓にしている和菓子は、いくつかあるんですが、
その中でも、一位、二位を独占するのは、舟和の「いもようかん」。
ほんのり甘く、口辺りの柔らかさで、もぅ大好き。
初めて食べた時、あまりの美味しさに大感激したのを覚えてます。

いもようかん
この芋ようかんを見る度、戦隊ヒーローシリーズ・激走戦隊カーレンジャーで、
敵の怪人キャラが、普通にお店に寄って、店主のおじさんから芋ようかんを買い、
いきなり店先で食べて、デカくなってカーレンジャーと闘う展開を思い出します。
どんなに厳しく怖いキャラでも、芋ようかんを買っているシーンが、
妙に可愛くって好きでした。
当時、甥っ子がこのカーレンジャーが好きで、いつも一緒に観ていたおかげで、
戦隊シリーズで、1話から最終回まで観たのは、後にも先にも、
この激走戦隊カーレンジャーだけです。

いもようかん
話がそれちゃいましたが、美味しいお菓子を食べている時は、幸せですぅ
うぅ、何時食べても、何回食べても、いもようかんが美味しいったら…
ご馳走様でした。

マーブル

[edit]

お菓子  /  trackback --  /  comment 0

page top△

フジ隊員が・・・キタ~~~!!!!! 

去年の秋に予約しておりましたメディコムの「フジ隊員」が到着しました。
これは、昨年夏に発売されました「ウルトラマンCタイプ」の封入特典で、
いつもながら、忘れた頃に届く”泣かせ”のアイテムです(苦笑)


フジ隊員(箱)


上記の通り、このアイテムを手に入れるためには、まずウルトラマンCタイプを
買わねばならぬ訳で、決して安いものじゃなし このシステムに毎度泣かされながらも
特典に引かれて踊らされるという構図に相成るんですね・・・
特に、ふところがスッカンピンの時に発売されたりして・・・
で・・・今回もマーブルに泣きを入れて、「ウルトラマン」を買って貰いました~


ウルトラマン(箱)


おもちゃのシュリンクパックを開封する瞬間は、いくつになっても楽しいものです^^
ソフトビニールの匂いが漂い、思い描いていた通りのアイテムに対面出来るかどうか、
少し緊張したりして・・・至福のひとときであります。

今回のフジ隊員は、もちろん想像通りのハイクオリティーな出来映え!
以前発売されておりましたアンヌ隊員が素晴らしかったので、
今回も安心して開封致しました。
顔の造型など、サスガ!のひとことですね。


フジ隊員①


なんと、今回はヘアパーツが2種類付いてます。
こちらは、ボリュームを落としたヘアの方。


フジ隊員②


ウルトラマンとのツーショット!

このウルトラマン、関節が硬くて怖くてポーズが付けられません・・・
このメーカーのフィギュアは、ちょっと捻っただけで腕やら足やらすぐ破損しちゃったりして、
もうドッキドキです・・・


ウルトラマン&フジ隊員


ハヤタ隊員(これまたAタイプの特典アイテムでした)とのツーショット!
画像では目立ちませんが、ハヤタと並べてみると、フジ隊員のユニフォームが
明るい色の生地を使っております。
一応制服なので、なるべく同色にまとめて貰いたかったところです。
忘れた頃にやってきたフジ隊員ではありますが、とても満足しております^^


ハヤタ&フジ隊員


エルドラド

[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

蘇える金狼 

「蘇える金狼」の松田優作は、カッコいいなぁ~
黒革のジャンプスーツを着て、要塞の中を走り回る姿は、まさに黒豹の如し!
劇中では、カウンタック(織田無道に借りたとか)や、マセラティ・メラクを乗り回し、
綺麗な女性と食事をし、一夜をともにし、銃をぶっ放しと、大藪春彦の世界観を
ほぼ忠実に描いておりましたが、原作の舞台は東京オリンピック開催前、
スーパーカーは出て来ません。


蘇る金狼 (カウンタック)


松田優作の着てたジャンプスーツを以前、展示イベントで触らせて頂く機会があり、
ものすごくタイトに作られてて驚いた記憶があります。
メディコムの衣装もよく出来ております。


蘇る金狼 (素体)


前野 曜子さんの主題歌も素晴らしい!
ペドロ&カプリシャスの初代ヴォーカルをやってた頃の、『別れの朝』と言う唄も好きでした。
アニメ「コブラ」の主題歌も唄ってらっしゃいましたが、いつのまにか亡くなってたんですね。
原作者も主演俳優も主題歌歌手も、既に亡くなった訳で、
ますます昭和が遠のいて行くさまを実感致します・・・


蘇る金狼 レコードジャケット

[edit]

映画ネタ  /  trackback --  /  comment 2

page top△