Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

合言葉は、アフロ…じゃなくって、テンテン!? 

エルドラドから、いきなり「衣装製作緊急指令」がはいり、
その衣装を製作するのに、必要な資料を目の前にどーんと置かれ、
いつ頃の作品でどんな内容か、エルドラドから、いろいろと
作品の説明を聞いたのですが…毎度のこと、なんのことか? ハテな?状態(笑)
しかぁーーし、このマーブル、それを製作すると決めたら、
コスチュームを把握するのに、資料のにらめっことその作品が
録画されたビデオテープを何度も繰り返し観ます。
仕立てあがる頃には、すっかりテーマ曲が唄えちゃったりして(笑)

衣装製作するにあたって、まずは、布地の用意。
今回の作品は、「黄色」「青」「白」「赤」とシンプルなもので、
メインは、「黄色」と「青」。
一口に黄色の布地と言っても、明るいものから、暗いものまで
さまざまで、作品のコスチュームに一番近い色の布地をチョイス。
マーブルの場合、ほとんど直感で、初めて見た時に「これ」と
感じた色を選んでいます。
エルドラドからも、ファブリックに関しては、全面的に
任せてくれています。

手元にこれだと思う布地がない場合、買いに行くのですが、
布地屋さんの照明によって、布地のカラーが濃く見えたり、
薄く見えたりと、違う感じにみえることもあります。
そして、フィギュアに着せるとなると布の「薄さ」が
重要になってきます。
布地があまり薄いものだと、素体が透けて見えてしまいます。
それと、カラーによっても見えることも。

手元にある布地と資料を照らし合わせたのですが、これと思う
布地がなかったので、早速、布地屋さんへ…。
今回、基本になる「黄色」と「青」を何種類かチョイスして購入。

ファブリック
黄色の布地は、左の山吹色を選択

ファブリック
青色の布地は、かなり悩んだのですが、右のものを選択。

いつもひとつの作品に、何種類か同色系の布地を買う事にしています。
お店でこの布地の色がいいと思っても、自然光だとまったくイメージが
違ってたりすることもあります。

衣装製作にあたって、いろいろとこだわりがありますが、
マーブルがまず一番拘っているのは、まず「布地選び」からです。
イメージ通りの布地があると、わくわくしちゃいますね。
フィギュアに着せているのではなく、着ているという
自然な感じをいつも出したいと思いながら製作しています。

マーブル

[edit]

衣装の素材  /  trackback --  /  comment 0

page top△