Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

わっ、びっくり!! 

20189anne9.jpg
「ドン坊、元気にしてたか?」
ハロウィンに向けて、なにやら練習中のレッドキング。

20189anne1.jpg
一目散に逃げるドンちゃん。

20189anne4.jpg
「ワッワワッ」

20189anne5.jpg
「ドウシタノ?  ドンチャン?」
プルプルと怯えるドンちゃん。

20189anne3.jpg
「プゥプゥプププ…」(こわいものをみたの…)
「ウンウン…ダイジョウブダヨ、イッショニイルカラネ」
ドンちゃんの頭をなでなでするロピたん。

20189anne2.jpg
《ドンチャン、ナニヲミタノカナ…》

20189anne12.jpg
「驚かしてすまん、ドン坊」
あとで、エレキングから、めいいっぱいお小言を受けたレッドキングでした。

・・・
・・


ここから、いきなり超簡単ウルトラ影絵クイズ~~。

さてさて、何の怪獣さんでしょうか?

20189anne13.jpg
① 展示の為に生け捕りにされた気の毒な怪獣さん。
マーブル庵では、気が良くて、とっても優しい親父さん。

20189anne14.jpg
② 地底から現れた怪獣さん
マーブル庵では、一番の先輩の怪獣さんであり、エレキングには、頭が上がらない。

20189anne15.jpg
③ ご自慢は腕力で、岩石投げが得意。
マーブル庵では、たたら食堂で美味しいお料理を作ってくれるおやじさん。

・・・
・・


秋の夜長、いかがお過ごしでしょうか。

この前まで、暑い~暑い~と言っていたのが、
¨暑さ寒さも彼岸まで¨…って本当ですね。
すっかり涼しくなり、過ごしやすくなりました。

季節の変わり目は、なにかと体調を崩しがちです。
お身体をご自愛ください。

マーブル

20189anne6.jpg
「キカンゲンテイノオミセナノ、アソビニキテネ」
「プププゥ~~」(来てね~~)


[edit]

怪獣さんシリーズ  /  trackback --  /  comment 0

page top△

新米~うまうまっ! 

2018827daykome1.jpg
黄金色に輝く穂が垂れ下がってます。
マーブルの実家の周りは、すっかり「実りの秋」を迎えております。

2018827daykome2.jpg
「わぁ~~、 お米さんだ~」

2018827daykome3.jpg
「垂れ下がってる~、もうすぐ収穫かなぁ?」

2018827daykome6.jpg
「詰まってる詰まってる…」
さわさわ…そっと触ってみるシーちゃん。
(*実際には触れていません、他所様の田んぼの稲穂なので…)

2018827daykome12.jpg
「農家さ~ん、自然さ~ん、ありがとう~~」

2018827daykome5.jpg
ぐぅきゅるるるる~。
シーちゃんのぽんぽんから、催促がきちゃったみたい…あらあら。

2018827daykome7.jpg
「あぅ、お米さん見てたら、おなか、すいちゃった~」

2018827daykome13.jpg
「こういう時は…、う~んと…う~んと…あっ!」

2018827daykome8.jpg
「そうだ、たたら食堂に行こうっと~、うん、そうしよう~」

・・・
・・


2018827daykome22.jpg
「お~い、シー坊~、来てやったぞ」
たたら食堂のおやっさん登場。

2018827daykome20.jpg
「おっ、エレキング、シー坊は?」
「シーちゃんなら、お散歩して疲れたってお昼寝してるけど?」

2018827daykome28.jpg
「わっ、ほかほかのご飯~って、どうしたの?」

2018827daykome98.jpg
「おぅ、さっき、シー坊がいきなり、ご飯をいっぱい炊いて~ってな、
 俺の食堂に来たんだよ」

2018827daykome29.jpg
「えっ、シーちゃんが…? 
 だけど、これって、一升だよね? 多すぎない?」

2018827daykome33.jpg
「おまえらなら、食うだろ。
 おまえに、ネロンガ、シー坊に、食いしん坊のゴメスなら…」
「うん、大丈夫だとは思うけど…」

2018827daykome18.jpg
ほかほか・・ほかほか・・・

2018827daykome34.jpg
「エレキング…」
「何?」

2018827daykome35.jpg
「蓋を閉めてくれ…さっきから、湯気で熱いんだよ」
「あっ、ごめん…、レッドキング」

・・・
・・

2018827daykome25.jpg
「わ~い、ほかほかごはんっ♪゜」

・・・
・・


2018827daykome27.jpg
「マンマ…マンマ…」

2018827daykome26.jpg
「ドンチォン、タメタメ、アッチチチダヨ」
「マンマ~、プッフフプッー(食べたい)」

・・・
・・


2018827daykome10.jpg
「新米の季節が到来~、見て見て~、稲穂がきれいでしょ?」

2018827daykome11.jpg
「これは、コシヒカリだから、もう少ししたら収穫だよ}

・・・
・・


新米の季節が…って、まだ八月…ちょっと早いでしょうか?
富山では、一番刈りの「てんたかく」という品種がスーパーなとで
新米が出回り始めました。

てんたかくの特徴は、「こしひかり」より粘り気が少なくて、冷たくなっても
美味しく頂けます。
炒飯などにもおすすめで、パラパラっと仕上がります。

富山では、米どころなので、新米が出たからと言って、価格が物凄く
上がるわけではなく、普通にて売られています。

てんたかくの価格は、こしひかりと2、300円程度しか変わりません。
富山のスーパーなどでは、平均価格、10キロのこしひかりが3,300円程度、
てんたかくは、10キロ・2,900円ぐらいです。
他県から見ると、安いかもしれませんね。
マーブルは、地元のお米が大好きで、おうちにも、定期的に送ってます。

そして、お米を炊くには、美味しいお水が必須です。
富山では、水に恵まれ、立山からの恵みでお米が作られていますから、
とっても美味しいのは間違いありません。

新米の季節…、ちょっと早めの富山の新米はいかがでしょうか?

マーブル

・・・
・・


2018827daykome23.jpg
「ほら、美味い飯をたらふく食って、夏バテの疲労回復してくれよ。
 あと、好き嫌いないようにな~」


[edit]

季節  /  trackback --  /  comment 0

page top△

初夏 

2018625dayohana01.jpg
糸蘭(いとらん)
単子葉、 リュウゼツラン科、 イトラン属、多肉植物、常緑。
花期:夏 6月~8月
高さ:1.2メートル

・・・
・・


2018625dayohana14.jpg
「わぁ~、きれいだな~」

2018625dayohana18.jpg
「お空に~そびえる~白い花~、
 これは~、いとらん~、夏のお花~
 とてもきれいで、僕の心を~
 和ませるお花だぁぁぁ~~~~♪」
(マジンガーZのメロディで)

2018625dayohana04.jpg
「ほんとにきれいだなぁ、それにとってもいい香り~」

2018625dayohana06.jpg
「お花の名前は、糸蘭だよ。
 えっ、どうして糸蘭なのかって?」

2018625dayohana07.jpg
「うん、この葉っぱをよく見て…、
 ほら、葉っぱの縁から糸みたいなものが出てるでしょ、それでだと思うんだ」

2018625dayohana17.jpg
「糸蘭の花言葉は、勇壮。
 お花さんは、可憐なのにどうしてなのかなぁって…」

2018625dayohana12.jpg
「糸蘭の葉っぱは剣状で、先端は鋭く尖りピンと伸ばして、
 勇ましく見えたから、連想されたのかも…ね」

2018625dayohana02.jpg
「急激に暑くなって来ちゃったから、熱中症にならないよう、
 水分はこまめに取ってね。
 ほら、お花さんもお水がないと弱っちゃうでしょ…、
 それとおんなじ…」

・・・
・・


ここのところ、急激な気温の上がり方に、身体がついていけませんが、
いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

マーブルの実家の周辺には、この暑さにも拘わらず
いろんなお花が咲き乱れています。

今日の富山の気温は、30度。
立山連峰は、霞がかかっていて、かろうじて山影が
薄っすらと見えている状態です。
下界は暑くとも、立山には、ところどころまだ雪も残っており、
かなり涼しい事かと思います。 

連日、暑いので、水分をこまめに摂取して
よく食べて、たっぷりと睡眠をとって、元気に過ごしましょ。

マーブル

2018625dayohana05.jpg
「僕もお花が大好きっ。
 他に、どんなお話が咲いているか、探しに行ってくるね。
 また、綺麗なお花を紹介出来るといいなぁ」


[edit]

季節  /  trackback --  /  comment 0

page top△

おさんぽ 

2018519ohana0001.jpg
「このお花はね、杜若(かきつばた)っていうんだって。
 濃い紫色が綺麗綺麗~、僕、お花大好きっ。 
 あっ、そうそう、エレキングがお花言葉を教えてくれたよ。
 えっと、幸運は必ず来る、幸せはあなたのもの…
 みんなのところに、たっくさぁ~んの幸せが来るといいね~」

・・・
・・


毎日が飛ぶように過ぎていて、気が付けば、
杜若が咲く時期になりました。

近頃の天候、さわやかな風薫る五月はどこへやら…
「寒い」か「暑い」かのどちらかで、身体が
ついていけません。

お天気がくるくると変わるように、
エルドラドもマーブルも、
お互い落ち着かない日常を過ごしており、
なかなかパソコンの前にいることが出来ずにおります。

今日の富山の気温は、13℃。
半袖では、少し肌寒い体感です。

朝から土砂降りの雨で、かなり気温が低くなっています。
立山連峰の姿は、雲の中に隠れて見えません。
立山アルペンルートへ行かれる方は、しっかりと
防寒をなさってお出かけくださいね。

マーブル


[edit]

季節  /  trackback --  /  comment 0

page top△

桜その三(新川 蛇池神社) 

桜景色(その3)①
地元散策の最後は、新川の堤防沿いです。

桜景色(その3)②
ここも水害時は、壊滅状態になっちゃいましたが、
数年で公園の姿を取り戻しました。

桜景色(その3)③
ここも開花が早いなぁ~

桜景色(その3)④
堤防道路も一週間早い見ごろです。

桜景色(その3)⑤
去年は、この風景を4月になってから見た覚えが...。

桜景色(その3)⑥
去年と同じような記事になりそうなので、
今年は堤防の反対側に降りてみましょう...。

桜景色(その3)⑦
ここは蛇池神社と言います。

桜景色(その3)⑧
その名の由来は...。

桜景色(その3)⑨
またまた信長公に因んだ場所でした。
「大蛇を見た!」と言う村人の話を聞いた信長は、池の水をすべて抜かせて
自らも池に入って探したものの、見つからなかったと言われております。
(TV東京みたいなことやってたんですね...信長)

桜景色(その3)⑩
ここに来たのもホント...久しぶり...。

桜景色(その3)⑪
夏は、盆踊りでも賑わいます。

桜景色(その3)⑫
ちょっと早い、こいのぼりが地元ではお馴染みの光景。

桜景色(その3)⑬
さてさて...締め括りは、今回の”お供”を御紹介~♪

ディアゴスティーニのレ・グランディ・フェラーリ・コレクションより、
1/24 250GTベルリネッタ パッソ コルト(1959)です。

桜景色(その3)⑭
数々のレースシーンで大活躍した250GTの後継車、
いわゆる”SWB”(ショートホイールベース)と呼ばれる伝説のマシンですね。

桜景色(その3)⑮
ドアは、ちょっと硬いけどピタッと決まります。
(さすがはブラーゴ製)

桜景色(その3)⑯
ヒップラインも美しい^^

桜景色(その3)⑰
フェラーリと言えば、赤いのが定番ですが、
メタリックブルーのボディーが自然光に映えます。

60年代初頭、ル・マンやセブリング12時間レースで好成績を残したマシンが、
このボディーカラーでした。

エルドラド
(代理更新・マーブル)

[edit]

季節  /  trackback --  /  comment 0

page top△