Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

1/24 国産名車コレクション Mazda Cosmo AP(1975)  

2019210daymazda01.jpg

エルドラドのバカーーっ!!
ついでに、マーブルのバカーーっ!!
(キョエちゃん風)

いきなり…なんで、国産名車でキョエちゃん?

先月の事…
エルドラドが、国産名車で「マツダ」のなんとかが
欲しいというのを聞いていたマーブル。

てっきり、この車だと思っていたら、
マツダは、マツダでも、欲しいと言ってたのは、
2月19日に発売のMazda Autozam AZ-1(1992)の方。

エルドラドの…ばかぁ~~っ!!(マーブル風)

聞き間違え…いえ、マーブルが
ちゃんと聞かなかったのがいけなかったわけで、
ごめんなさい、エルドラトさん。

だけど、マーブルが大好きな高橋兄弟が
御贔屓にしているMazdaですもの。
買って後悔なんてしませんわ~。

…ということで、マーブル、この車については、
全くと無知で、実際に見たこともないので、
説明が出来ませんけど、今回も無謀ながら、
マーブルが紹介します…と言っても、画像だけですけど…。

2019210daymazda15.jpg

すべて自然光での撮影していますが、毎回、思うのは、難しいですね。
マーブルが書店にて購入してきたので、例の如く、
三角ドライバーを持っていないので、台座付きでの撮影です。

2019210daymazda08.jpg

「こんにちは、コスモ」
これから、マーブル庵の仲間入りだよ。

2019210daymazda09.jpg

あら、よく見たら、前輪の上が少し塗装剥がれが見受けられます。
でも、大丈夫だよ。
エルドラドは、ミニカーとして発売されただけで嬉しいのですから。

2019210daymazda10.jpg

こちら側のサイドミラーの塗装も少し剥げてるけど、ちゃんと
両方共、付いているだけでオッケ~。
サイドミラー、壊さないように、気をつけなきゃ。

2019210daymazda07.jpg

ナンバープレートの名前で、しっかりとアピールされてます。

「コスモ、ちょっとドアをあけて」

2019210daymazda06.jpg 

中も紹介しなきゃね~。

2019210daymazda04.jpg

内装もしっかり作られています。

2019210daymazda05.jpg
「プゥ、プププ、プ~」(乗り心地いい~)
ドンちゃん、ナビシートにお邪魔中。

2019210daymazda1.jpg

マーブルが、触りまくっちゃったので、手の脂がペタペタと…
エルドラドに、ボデイを綺麗にしてもらってね、コスモ。

2019210daymazda11.jpg

コスモって、可愛いネーミングですね。
Mazda Cosmo AP でした。

次号予告は…池谷先輩っ!! …こらこら。
このボディカラーで、マーブルが欲しくなっちゃいました。

2019210daymazda02.jpg

第64号は、2月5日(火) ニッサン・シルビア(1988)です。
既に発売中です。

このシルビアも、マーブルが既に購入済みなので、後日、ご紹介します。

マーブル


[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

明けまして~ゴジラ 

anne201911-1.jpg
「紹介すんのが遅い!」
マーブル庵の新年一発目のお披露目なんだから~。

・・・
・・


明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

エルドラド&マーブル

anne201911-3.jpg
『キングコング対ゴジラ』に登場したゴジラ(1962)
S.H.MonsterArtsに登場。

2018年7月20日に、バンダイプレミアムから予約受付され、
手元に届いたのが、昨年の12月22日でした。
エルドラドの誕生日になんとか間に合ってくれました。

しかしながら、エルドラドも多忙極まりなく、
大みそかに、ようやくご対面出来たゴジラさん。
無理を言って、撮影してもらっちゃいました。
本来なら、ご紹介も、このゴジラに
思い入れがたっぷりあるエルドラドさんの方が、
詳しくしてくれたかとは思いますが、
今回も、マーブルがちょっぴりだけご紹介。

anne201911-4.jpg
キングコング対ゴジラ

 主な商品内容
 ・本体
 ・光線エフェクト
 ・専用台座一式

光線エフェクトパーツが重く
その為の、専用台座がついてます。

これ、ゴジラの口に刺さってるかのように
見えますが、エルドラドは、それをせず、
そう見える様に、撮影しているだけです。

この光線エフェクトを吐くゴジラ画像を見た時…

¨うがーっ!! 欲しかったなら、自分で買え~¨

マーブル、心の声…、えへっ。

でも、エルドラドさんの誕生日の贈り物ですから、
そこは、言っちゃいけません、メッ。

anne201911-2.jpg
「出し惜しみした割には、これだけかよ~」
ドタバタ…ドタバタ。
あ~、フル可動だからって、新年から暴れないで~、

2019年がスタートしました。
本年も、のろのろっと遅~い更新になっちゃうかとは
思いますが、マーブル庵をお願いします。

マーブル


[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

国産名車 1/24 三菱 デボネア(1964) 

20181114daydebo1.jpg

またまたマーブルがご紹介…なんて無謀な…。

20181114daydebo5.jpg

相変わらず、スタンドつけたままの撮影しちゃいました。
車体が黒いので、指紋まで映り込みそうでしたから…というのは、
建て前で、三角ドライバーが手元にないのです、はい。
でも、スタンドのおかげで、安定して持つことが出来ました。

20181114daydebo7.jpg
「こんにちは、デボネアくん。
 キミの名前…、最初は覚えられなかったよ、今は、大丈夫!」

既にエルドラドも密林で予約して入手しており…、
だったら、なんで、記事がエルドラドじゃないの~?って、
彼が多忙なので、ごめんなさいっ。
エルドラドだったら、これをとても良く紹介してくれたことかと…、
何かの時に、お話してもらいましょうってことで、
今日は、マーブルにお付き合い下さい。

20181114daydebo11.jpg
国産名車コレクションの中で、エルドラドが
一番欲しかった名車だったそうです。
マーブル…、初めて知る車の名前ではありましたが、
何度も聞かされているうちに覚えてました。

20181114daydebo10.jpg
これを撮影していた時、丁度、エルドラドから
密林から届いたと連絡があり、デボネアの造形に

¨有終の美を飾る最高の出来!!¨

絶賛しまくりでした。

・・・が、なんと、次号予告のページの一番下にちっこい字で

「スペシャルステージ1/24 国産名車コレクションは、
 好評につき、100号(予定)まで、延長いたします」

だって…。

うわ~、続くとなったら、これまた、ラインナップの中で、
エルドラトが欲しい車がありそうです。

20181114daydebo9.jpg
話は、戻って…
マーブル、電話しながら手元に持ってて…
あわわわ、話に夢中になってて、手から落っことしたら大変っ!!

エルドラドから、車の話を聞くも…怖いことがあって…
怖い事? そう、サイドミラーですよ!! これこれ。

20181114daydebo4.jpg
これをポキっと折っちゃったら…って思ってたとこに、
エルドラドがタイミングよく

「サイドミラー壊したら、ブッサイクだから、
 隅々まで見て、すぐに仕舞ったよ」

パッケージから取り出すとき、マーブルもそう思ってたんです。
このサイドミラーに触っちゃいけないって、わかりましたもん。
マーブルも、撮影が終わったら、そっと仕舞っちゃいました。
無傷でエルドラドに渡さなくては~~っ。

20181114daydebo16.jpg
「ドアノブモ、キヲツケテネ」

それと、ドアを開けようとして、ドアノブをつまんじゃダメです。
えっと…もろいですって、こらこら。
いえ、壊したわけじゃないですよ、つまんだら…って、
普通しないって?  そうですよねぇ…って、つまんじゃいました。
あっ、だけど、何かいやぁ~んな感じがしたので、
ドアは、いつもの通り、とりあえず振ってみたら(真似しちゃダメダメ!)
少し開いたので、そこをぐいっと開けちゃいました。

20181114daydebo12.jpg
これだけいい出来なのに、ドアの開き方が…いえ、別に。
贅沢を言ってはいけません。

20181114daydebo14.jpg
エルドラトさん、電話で

「これだけいい出来だったから、もう一台欲しかったな~」

大丈夫!
エルドラドとは、30年以来、阿吽の呼吸ばっちり。
そういうじゃないかなって…実は、書店でも
マーブルが予約してました。

エルドラドが、当初、ラインナップを見た時に、
このシリーズの中で「一番入手困難」かもしれないと…
マーブルには全くとわかりませんが、けれど、
先見の明に優れるエルドラトさんですから、
間違いはございません、はい。
わかんなくても、それをすかさずフォローするマーブル。
なんて、可愛い細君でしょう、うふっ。
(誰も褒めてくれないので…思わず咳払い)

と、とにかく、もう一台入手してあります。
状態も良く、どこも問題はなかったです。

…ですけど、マーブル、あっちこっち、わさわさ触りまくりの
指紋つけベタベタではありますけど(笑)
ふきふきしてあげて下さいませ~

20181114daydebo6.jpg

えっ? ひとつもこの車の説明がないって…?
マーブル、出来ませんもの~。
それにです、説明しなくてもこれが欲しいって思うのって、
この車の良さをご存じなわけですから…。

マシンは、すべて自然光にて撮影しました~。
お見苦しいとこもあったかと思いますが、長年、エルドラトの傍にいて、
いろんなミニカーを見てきましたので、マーブルから見ても、
このデボネアは、「出来がいい」ということだけは、わかりましたよ~。

あっとと、忘れるところでした。
次の号は、これです~。

20181114daydebo2.jpg

第59号は、11月27日(火) 2代目プレリュードです。

マーブル


[edit]

コレクターズアイテム  /  trackback --  /  comment 0

page top△

わっ、びっくり!! 

20189anne9.jpg
「ドン坊、元気にしてたか?」
ハロウィンに向けて、なにやら練習中のレッドキング。

20189anne1.jpg
一目散に逃げるドンちゃん。

20189anne4.jpg
「ワッワワッ」

20189anne5.jpg
「ドウシタノ?  ドンチャン?」
プルプルと怯えるドンちゃん。

20189anne3.jpg
「プゥプゥプププ…」(こわいものをみたの…)
「ウンウン…ダイジョウブダヨ、イッショニイルカラネ」
ドンちゃんの頭をなでなでするロピたん。

20189anne2.jpg
《ドンチャン、ナニヲミタノカナ…》

20189anne12.jpg
「驚かしてすまん、ドン坊」
あとで、エレキングから、めいいっぱいお小言を受けたレッドキングでした。

・・・
・・


ここから、いきなり超簡単ウルトラ影絵クイズ~~。

さてさて、何の怪獣さんでしょうか?

20189anne13.jpg
① 展示の為に生け捕りにされた気の毒な怪獣さん。
マーブル庵では、気が良くて、とっても優しい親父さん。

20189anne14.jpg
② 地底から現れた怪獣さん
マーブル庵では、一番の先輩の怪獣さんであり、エレキングには、頭が上がらない。

20189anne15.jpg
③ ご自慢は腕力で、岩石投げが得意。
マーブル庵では、たたら食堂で美味しいお料理を作ってくれるおやじさん。

・・・
・・


秋の夜長、いかがお過ごしでしょうか。

この前まで、暑い~暑い~と言っていたのが、
¨暑さ寒さも彼岸まで¨…って本当ですね。
すっかり涼しくなり、過ごしやすくなりました。

季節の変わり目は、なにかと体調を崩しがちです。
お身体をご自愛ください。

マーブル

20189anne6.jpg
「キカンゲンテイノオミセナノ、アソビニキテネ」
「プププゥ~~」(来てね~~)


[edit]

怪獣さんシリーズ  /  trackback --  /  comment 0

page top△

新米~うまうまっ! 

2018827daykome1.jpg
黄金色に輝く穂が垂れ下がってます。
マーブルの実家の周りは、すっかり「実りの秋」を迎えております。

2018827daykome2.jpg
「わぁ~~、 お米さんだ~」

2018827daykome3.jpg
「垂れ下がってる~、もうすぐ収穫かなぁ?」

2018827daykome6.jpg
「詰まってる詰まってる…」
さわさわ…そっと触ってみるシーちゃん。
(*実際には触れていません、他所様の田んぼの稲穂なので…)

2018827daykome12.jpg
「農家さ~ん、自然さ~ん、ありがとう~~」

2018827daykome5.jpg
ぐぅきゅるるるる~。
シーちゃんのぽんぽんから、催促がきちゃったみたい…あらあら。

2018827daykome7.jpg
「あぅ、お米さん見てたら、おなか、すいちゃった~」

2018827daykome13.jpg
「こういう時は…、う~んと…う~んと…あっ!」

2018827daykome8.jpg
「そうだ、たたら食堂に行こうっと~、うん、そうしよう~」

・・・
・・


2018827daykome22.jpg
「お~い、シー坊~、来てやったぞ」
たたら食堂のおやっさん登場。

2018827daykome20.jpg
「おっ、エレキング、シー坊は?」
「シーちゃんなら、お散歩して疲れたってお昼寝してるけど?」

2018827daykome28.jpg
「わっ、ほかほかのご飯~って、どうしたの?」

2018827daykome98.jpg
「おぅ、さっき、シー坊がいきなり、ご飯をいっぱい炊いて~ってな、
 俺の食堂に来たんだよ」

2018827daykome29.jpg
「えっ、シーちゃんが…? 
 だけど、これって、一升だよね? 多すぎない?」

2018827daykome33.jpg
「おまえらなら、食うだろ。
 おまえに、ネロンガ、シー坊に、食いしん坊のゴメスなら…」
「うん、大丈夫だとは思うけど…」

2018827daykome18.jpg
ほかほか・・ほかほか・・・

2018827daykome34.jpg
「エレキング…」
「何?」

2018827daykome35.jpg
「蓋を閉めてくれ…さっきから、湯気で熱いんだよ」
「あっ、ごめん…、レッドキング」

・・・
・・

2018827daykome25.jpg
「わ~い、ほかほかごはんっ♪゜」

・・・
・・


2018827daykome27.jpg
「マンマ…マンマ…」

2018827daykome26.jpg
「ドンチォン、タメタメ、アッチチチダヨ」
「マンマ~、プッフフプッー(食べたい)」

・・・
・・


2018827daykome10.jpg
「新米の季節が到来~、見て見て~、稲穂がきれいでしょ?」

2018827daykome11.jpg
「これは、コシヒカリだから、もう少ししたら収穫だよ}

・・・
・・


新米の季節が…って、まだ八月…ちょっと早いでしょうか?
富山では、一番刈りの「てんたかく」という品種がスーパーなとで
新米が出回り始めました。

てんたかくの特徴は、「こしひかり」より粘り気が少なくて、冷たくなっても
美味しく頂けます。
炒飯などにもおすすめで、パラパラっと仕上がります。

富山では、米どころなので、新米が出たからと言って、価格が物凄く
上がるわけではなく、普通にて売られています。

てんたかくの価格は、こしひかりと2、300円程度しか変わりません。
富山のスーパーなどでは、平均価格、10キロのこしひかりが3,300円程度、
てんたかくは、10キロ・2,900円ぐらいです。
他県から見ると、安いかもしれませんね。
マーブルは、地元のお米が大好きで、おうちにも、定期的に送ってます。

そして、お米を炊くには、美味しいお水が必須です。
富山では、水に恵まれ、立山からの恵みでお米が作られていますから、
とっても美味しいのは間違いありません。

新米の季節…、ちょっと早めの富山の新米はいかがでしょうか?

マーブル

・・・
・・


2018827daykome23.jpg
「ほら、美味い飯をたらふく食って、夏バテの疲労回復してくれよ。
 あと、好き嫌いないようにな~」


[edit]

季節  /  trackback --  /  comment 0

page top△